スリーエフでのバイトのシフトの組み方は、基本的には固定シフトのところが多いようです。

スリーエフは、他の大手コンビニよりも、バイトの人数は少なめでシフトを回しているので、週決めや月決めではシフトを組むのが大変なのだそうです。

中には、週決めや月決めのところもあるようですが、面接でバイトできる曜日や時間を聞き、それに合わせてシフトを決めます。

あらかじめ予定がわかっている時は、申告しておき、休みをもらうようにします。

急に休まなくてはならないときは、代わりのバイトを自分で探すことはあまりないようですが、誰かが休んだ場合は、店長やオーナーから急にバイトを頼まれることもあるようです。

決まった時間帯で決まった曜日にバイトする、というスタイルがスリーエフでは多く、シフトの融通性はどちらかと言うと少ないと思った方が良いかもしれません。

>>スリーエフの求人情報はこちら! (バイトル)

スリーエフのバイトが覚えることは多い?

スリーエフのバイトでは、他のコンビニバイトと同じように、レジや品出し、清掃、公共料金や宅急便の受け付け、ファーストフード作り、ATMやコピー機の取り扱いなどの仕事があります。

覚えることが多く、仕事内容も多岐にわたりますが、それぞれが難しい内容ではありませんので、慣れてくると覚えられます。

最近のコンビニは、できることがどんどん増えて、とても便利になる半面、バイトにとっては覚えることが増えていくので、最初の内はちょっと大変かもしれません。

スリーエフなどコンビニのバイトで意外と苦労することは、たばこの銘柄を覚えることで、種類が多く、略称で言われることも多いようです。

他にもイレギュラーな宅急便の受け付けなどは、覚えるまでに苦労するバイトもたくさんいます。

覚えることはたくさんありますが、いつでも快適にスリーエフを利用していただくために、まずは明るい挨拶と笑顔で対応することと、わからないことは遠慮なく先輩に聞く勇気を持つことですね。

>>スリーエフのバイト求人をみてみる?