24時間開店しているスリーエフでは、早朝からバイトをすることもできます。

早朝のバイトは、昼間よりも時給が高く、朝の時間帯を有効に使うことができるため、スリーエフでも掛け持ちでバイトをしている方も多いようです。

混み具合としては、7時過ぎから8時半くらいまでの通勤前に買い物をする人が多く、比較的忙しい時間帯と言えます。

特に駅前の店舗だと、急いでいるお客様も多く、素早いレジ対応が必要になってきます。

早朝のバイトは、5時~9時や6時~9時など、短時間の勤務なので、忙しいと思っている間に終わってしまうこともしばしばです。

最初の内は忙しくなると焦ってしまい、失敗もありますが、慣れてくるときちんとこなせるようになります。

納品や品出しも、早朝バイトでは少ないようですので、通勤、通学の時間帯を除いては、比較的楽にバイトができるようです。

スリーエフで1日のスタートを有効に使える早朝の時間帯は、主婦やフリーターにもおすすめのバイトです。

>>スリーエフの求人情報はこちら! (バイトル)

スリーエフの深夜のバイトはどんな仕事をするのか

スリーエフの深夜のバイトは、通常の接客業務に加えて、検品や品出し、清掃、フライヤーの掃除、レジの清算など、仕事内容は多くあります。

スリーエフでは、夜勤は1人体制になることも多く、来店客は少ないのですが、その他の仕事で忙しいようです。

深夜のコンビニバイトは、昼間の時間帯より時給が割増しになり、かなり稼ぐことができるので、効率の良いバイトです。

掛け持ちでバイトをしている方も多いのですが、無理をして体を壊しては意味がありませんので、体調管理には気を配るようにしましょう。

深夜のバイトは、時間も長く、眠気との戦いになってしまうことも少なくありませんが、24時間いつでも使えるスリーエフは、とても便利な存在です。

しかし、防犯上の問題もあって、女性には深夜はお勧めできませんし、高校生は法律上バイトできません。

深夜は、時給も高いのですが、その分危険なこともありますので、常に注意して仕事しましょう。

>>スリーエフのバイト求人をみてみる?