佐川急便でドライバーのバイトを希望する場合、荷物の配達や配送といった作業の他に、お客様から直接荷物を預かり、目的地まできちんと配送されるように処理する集配作業も欠かせません。

集配作業はお客様から「荷物を取りに来てほしい」と言われたら、なるべく早く向かうことが求められます。

荷物を配達しながら、新たな荷物を預かるという作業は見た目よりも結構ハードだそうです。

昨今では、排ガス対策の一環として、佐川急便の営業所の近郊での集配作業は自転車や台車を押しながら徒歩で歩くことも増えてきています。

バイト募集時にも「徒歩や自転車での集配作業にも応じてくれるか」ということを質問する営業所もあるそうです。

バイトを希望する佐川急便の支店によって集配作業は異なるので、気になる人は面接時に尋ねてみるほうが後々後悔しないようです。

>>佐川急便の求人情報はこちら! (バイトル)

佐川急便の夜勤のバイトはどんな感じ?

佐川急便のバイト募集のうち、最も多くの人数を募集するのが仕分け作業の夜勤に従事できる人です。

佐川急便の夜勤帯は、22時~翌5時を基本としていますが、バイト募集でも深夜0時~翌朝5時のパート勤務でも大歓迎として募集しています。

佐川急便のみならず、運送会社の仕分け作業は翌日の配達に間に合うよう、荷物を配達地域ごとに分けなければならないため、深夜にピークを迎えます。

大型トラックの荷台から運び出され、ベルトコンベアーに載って絶え間なく流れてくる荷物を扱うだけでも重労働です。

作業がピークを迎える夜勤帯にバイトする人は睡魔と闘いながら仕事に従事しているのは、すごい大変な作業と言えます。

このような作業に従事している夜勤帯のバイト時給が、日勤帯の時給の1.3倍以上ということも納得できます。

>>佐川急便のバイト求人をみてみる?