トイザらスのバイトはいろいろな仕事内容があり、自分で希望して配置されるというよりも店長の采配によって配置が決まることが多いです。

主な仕事内容はセールスフロア、ストアルーム、フロントエンドに分けられています。

トイザらスの売り場に立って、商品補充を行ったり、レジを打ったりするのがセールスフロアです。

レジ操作が比較的複雑なので、レジは常に忙しい状態です。

ストアルームの仕事内容は自転車やベビーカーの組み立てをして、お客様にお渡しするというものです。

トイザらスの倉庫で作業をして、呼び出しボタンが押されたら、フロアに出てお客様に対応します。

フロントエンドの仕事内容はサービスカウンター業務になります。

バイトでも、クレームを受けることもありますし、電話対応などもかなり忙しいです。

トイザらスのバイトはどのセクションも忙しく、手が空いているということはあまりありません。

>>トイザらスの求人情報はこちら! (バイトル)

なぜ、トイザらスのバイトではレジが難しいと言われるの?

トイザらスのレジはかなり複雑なので、バイトを始めたばかりの頃は間違えが多くなってしまっても仕方ありません。

なるべくお客様に迷惑をかけないように場数をこなして、処理の仕方を覚えていきましょう。

レジで処理を行うクーポンは種類によって、対象外になる商品が違っていたり、適用条件が違っていたりします。

そのため、しっかりと確認しておかないと瞬時に判断するのが難しくなってしまいます。

トイザらスのお客様はリピーターが多いので、お客様の方がクーポンについて詳しいこともあります。

レジでもたつくとクレームに発展しますので、迅速に処理できるよう注意深くバイトをこなしていきましょう。

トイザらスのレジはいつも混雑していて、忙しいセクションですが、覚えてしまえば単純作業の繰り返しになりますので、余裕を持ってバイトしていくことができるようになります。

>>トイザらスのバイト求人をみてみる?