マルハンのバイトは、採用後に研修を受けます。

具体的な研修内容は、接客対応やあいさつ、そしてパチンコ台についてです。

マルハンとは、どういうことをモットーとしている会社なのかも知っておく必要があるため、社訓も覚えます。

特にマルハンは、身だしなみと接客態度にとても厳しいです。

様々なルールがあるため、お客様の前に実際に出る前に、バイトの先輩から教えてもらうことになります。

研修も、まずはビデオで身だしなみと接客について学びます。

ビデオで、頭に入れたら実際に体を動かしてみます。

お客様を一番最初に迎える入り口で、あいさつとお辞儀の練習をします。

初めてお客様の前で接客にあたるため、入り口でのあいさつは度胸を付ける、よいきっかけともなります。

基本的なあいさつができるようになると、いよいよホール業務やカウンター業務を具体的に教えてもらいます。

そして最後に、パチンコ台のカギをもっての業務にあたります。

最初の制服の着方と、最後の一通りの業務のチェックは、社員が行います。

研修期間は125時間です。

125時間を終えた時点で、一定の習得が認められれば研修は終了です。

しかし、まだ仕事内容が習得できていないようであれば、さらに125時間の延長がされます。

>>マルハンの求人情報はこちら! (バイトル)

マルハンのバイトはやっぱり厳しいのか。

マルハンのバイトが厳しいといわれている要因は、大きく二つあります。

一つ目は、接客態度です。

マルハンは、パチンコ店です。

そのため、バイトの業務も接客が中心となります。

バイトの接客態度が悪いと、それはそのままお客様の店の印象となってしまいます。

バイトであっても、正社員であっても、お客様から見たら同じため、バイトであっても、求められる接客スキルは高いのです。

接客態度とは、具体的には、あいさつと言葉遣いです。

これは、バイト中以外で、日常生活で使っている言葉遣いが、無意識のうちにバイト中でも出てしまうものです。

バイト中だから気を付けるのではなく、日々の生活の中で言葉遣いを気を付け、気持ちのいいあいさつを心がけることも大切です。

マルハンで働いている人たちは、人間関係が良好です。

これも、きもちのよいあいさつを心がけているおかげかもしれません。

二つ目は、身だしなみです。

マルハンのバイトは、制服が貸与されます。

毎朝、朝礼の時に身だしなみチェックが行われます。

しわがないか、汚れていないかをチェックされます。

身だしなみがおろそかになっていると、だらしがない印象をお客様に与えてしまいます。

身だしなみに問題があった場合は、お客様の前に出してもらえないこともあるため、清潔感ある身だしなみか気を付ける必要があります。

>>マルハンのバイト求人をみてみる?