プロントのバイトの面接には書類選考はありません。

希望する店舗での面接のみで採用か不採用かが決まります。

面接は、店舗が比較的空いている、平日の午後に設定されることが多いようです。

面接時に必要になるのは、写真が添付されている履歴書です。

書類選考はありませんが、丁寧に書きましょう。

最近では履歴書をパソコンで作る人もいますが、人とのコミュニケーションが必要になる仕事ですから、手書きの方が好ましいでしょう。

バイトであっても、プロントのバイトの仕事内容を考えると、清潔感のあるキレイめの服装を選ぶのがポイントですよ。

プロントの雰囲気に合うような服装だとさらに好印象ですよ。

どんな服装で面接に来るかも、もちろん選考基準になっていますから、バイトだからと適当な服装は避けましょう。

プロントのバイト面接内容は、特別変わった内容はなく、志望動機やこれまでの職歴、希望シフトなどを聞かれることになりますから、スムーズに答えられるように答えを用意しておいたほうが良いかもしれませんね。

特に志望動機に「プロントに対する憧れ」や「プロントの経営スタイル」への理解を交えると、印象がとても良くなるようですよ。

質問があれば、面接時にしっかり確認できるよう、事前にまとめておくと良いでしょう。

プロントでのバイトを希望している人は、WEB媒体を中心にバイト募集がかかっていないかをチェックしましょう。

>>プロントの求人情報はこちら! (バイトル)

プロントのバイトのシフトは、すごく自由度が高いらしい!

忙しいプロントですが、バイトはギリギリで回していることがほとんどですから、シフトの自由度は低そうに感じますよね。

でも実際のプロントのバイトは、店舗によってシフトの組み方に違いがありますが、どの店舗でも自由度が高いのが特徴です。

そこはフランチャイズ店が多いメリットかもしれませんね。

自由度が高いので、バイトを掛け持ちしたり、プライベートの用事を入れやすいんです。

子供がいる主婦や学業が忙しい学生さんにも働きやすい環境と言えるのではないでしょうか。

プロントには昼間のカフェタイムと夜のバータイムがありますが、どちらか一方だけでなく、両方のシフトに入り、仕事を覚えておくことで、シフトの自由度があがります。

プロントのシフト組みは、週単位だったり1ヶ月ごとだったりと違いがありますが、掛け持ちやプライベートな予定を入れたい場合は週単位の方が良いですね。

面接時にしっかりシフト組のタームを確認しておきましょう。

>>プロントのバイト求人をみてみる?