ロフトのバイトの研修は、その内容も期間も店によって違いがあります。

研修内容としてはまずは座学からということで、研修用のDVDを使った講習を受ける場合もあれば、習うより慣れろ方式で初めから店頭で実践というパターンもあるようです。

また勤務する店舗が百貨店の中にある場合などは、合わせてそちらの研修も受けることになります。

いざ実際に店に出るとなると緊張感もあると思いますが、先輩のアドバイスやフォローがしっかり受けられるので安心して下さい。

研修期間も1か月~3か月と店舗によって幅があります。

ロフトのバイトの研修中はエプロンのみが貸与され、襟付きの白いシャツやジーンズは自分で用意したものを着用します。

そして無事に研修を終了すれば、いよいよあの黄色いシャツが貸与されることになります。

白いシャツを卒業し黄色のシャツの着用が許されれば、あなたも正式なロフトのバイトの一員です。

なお一般的に研修中の時給は50~100円程度、普段より低く設定されているケースが多いものですが、ロフトのバイトに関しては研修期間中でも時給は同じという店舗が大半です。

そんな中、これは大変恵まれていると言えるのではないでしょうか。

>>ロフトの求人情報はこちら! (バイトル)

気になるロフトのバイトの仕事内容とは?

ロフトのバイトは担当する業務によって、仕事内容が大きく異なります。

レジ担当は文字通り、レジでの会計が主な仕事内容です。

お金を扱う仕事というのは大変緊張するものですが、現在のレジは自動タイプなので打ち間違えや、お釣りのミスなどは滅多にありません。

レジの操作も研修中に丁寧に教わることができますので、レジ業務の経験がない方でも心配ないでしょう。

またお客様を長くお待たせすることのないように、気を配ることも大切な仕事です。

レジが混雑していれば、声を掛けてお客様を自分のレジに誘導。

会計をしたのち、袋詰めやラッピングを行ったりするのもレジ担当の仕事内容に含まれます。

一方、ロフトのラック担当の仕事内容は商品管理に関連する業務が中心です。

具体的には品出しや、商品の陳列と発注、季節のイベント等に合わせて店頭のディスプレイ変更をするなどですが、混雑時はレジ担当と協力して会計やラッピングを手伝うこともあります。

ラック担当は重量のある品物を扱うことも多く、思った以上に力が必要で、ある意味、体力勝負な仕事内容である点には注意が必要です。

ロフトのバイトでレジ担当、ラック担当に関わらず大切なことがあります。

それは良質な接客をするということす。

扱う商品が非常に多いため、お目当ての商品を見つけられないお客様を売り場に案内するというのもロフトのバイトの重要な仕事の一つです。

自分の担当はもちろん、普段からそれ以外の商品についての知識や売り場など、積極的に学ぶ姿勢が必要でしょう。

>>ロフトのバイト求人をみてみる?