ロフトのバイト面接は勤務を希望する店舗にて、個別または集団面接、さらにその際に簡単な筆記試験も実施されます。

面接内容としては王道中の王道ですが、まず志望動機を問われます。

あなたが何故ロフトでバイトをしたいのか、そう思ったきっかけやそれにまつわるエピソードなどを前もって整理しておくことが大切です。

そのことについて自分の言葉で素直に話せるようにしておけば、自然とリラックスして面接を受けられるでしょう。

ついつい緊張してしまいがちですが、顔をあげて面接官の目をみてハキハキした受け答えをすることで、自然と気持ちも伝わります。

もちろん笑顔をお忘れなく。

面接の時の服装は、やはり落ち着いた色目のスーツが一番です。

またはシャツやブラウスに、シンプルなパンツやスカートを合わせた、清潔感のある服装も印象が良いでしょう。

筆記試験に関しては易しい計算問題や漢字、実際に業務で必要となる言葉遣いに関することなど一般的な問題が出題されます。

試験と聞くとなんだか構えてしまいますが、筆記試験の点のみで合否が決まるというわけではありませんので、心配しすぎないようにしましょう。

もちろん面接や試験の点数が良いに越したことはありませんが、ロフトのバイトは接客業ですから、お客様の応対に通じる、笑顔で朗らかに受け答えができるかどうかが、一番重要なポイントとなります。

>>ロフトの求人情報はこちら! (バイトル)

ロフトのバイト採用試験で受ける筆記試験って?

中には実施されない店舗もあるようですが、基本的にロフトのバイトの採用試験では面接と筆記試験の両方が行われます。

順序としては質疑応答による面接の前にペーパーテストがあります。

筆記試験、そう聞いただけで学校のテスト勉強や受験が頭に浮かんできて、なんだか構えてしまう方もいるかもしれませんが、あまり心配しすぎないようにしましょう。

ロフトのバイトの採用試験で受けるテストは、読み書きそろばん的な漢字と計算問題がそれぞれ10題程度、そして正しい言葉遣いに関する問題が5問ほどです。

このテストは学力を試すといった意味合いのものではなく、あくまでも一般常識を持っているかの確認であり、仮に筆記試験の点数が思わしくなかったとしても、それが即、不合格に繋がるわけではないのです。

ロフトの採用試験で最も重視されることはやはり接客業に適した人であるかという点です。

お客様が気持ちよく買い物できるような、明るく元気な接客のできる人が求められているわけですから、面接官の質問には笑顔でハキハキと答えましょう。

しかし緊張から面接で普段の自分が出せない、ぎこちない受答えになってしまうといったことも考えられます。

そこで事前に志望動機などの質問の答えをしっかり準備しておき、入室前に深呼吸でもして肩の力を抜いて面接に臨みましょう。

>>ロフトのバイト求人をみてみる?