ロフトは雑貨が好きな人にとって、たまらなく魅力的なバイト先だという口コミが多数見られます。

愛してやまない雑貨に囲まれて働くことのできる幸せが、夢のようとか、もう最高といった熱い言葉で感想が語られていたりもするほどです。

またロフトには世界中から輸入される個性的な雑貨や、おしゃれで気の利いた生活雑貨、一風変わった斬新なアイテム、意外性が楽しいコラボ商品など、実にたくさんの魅力あるグッズが入荷してきます。

確かにロフトでバイトをしていると、それらを間近に見られたり、売れ筋や話題の新製品に関する情報を真っ先に知ることができるなど、雑貨ファンの心をくすぐるメリットが大いにあると言えます。

加えてロフトのバイトは様々なシフトに対応できるので、無理なく自分らしい働き方ができる点が素晴らしいという意見も多く聞かれます。

がっつり働きたい、空き時間を有効に使って仕事がしたい、週末のみのバイトが希望、しばらくは普段と違うシフトで働きたい等、各々のライフスタイルやその変化に応じたシフトで勤務できることがその理由でしょう。

しかしながら思っていたのと少し違っていた、ギャップを感じたというニュアンスの口コミも見受けられます。

大好きな雑貨に囲まれながら働けるわくわくするような職場。

そんな風に思ってロフトでバイトを始めたところ、品出しや陳列、売り場の棚の整理整頓など、想像していたよりも地道、かつ体力の必要な仕事であったことや、接客でお客様に対する声掛けに気恥ずかしさを感じてしまう人がいるのかもしれません。

初めのうちは不安に感じることもあるでしょうが、たいていの方が研修が終了する頃には、仕事にもすっかり慣れてきます。

そこを乗り越えて一歩を踏み出すことができれば、きっとやりがいを持って働くことができるはずです。

>>ロフトの求人情報はこちら! (バイトル)

 

ロフトのバイトでネイルはOK?それともNG?

ロフトのバイトは接客業であるという観点から、けばけばしいものでなければネイルもOKという店舗が多いようです。

綺麗にマニキュアの塗られた爪は確かに美しいですが、ラメ入りや派手な色のネイルはお客様からの好感度をぐっと下げてしまいます。

ですからもし塗るとすれば、ヌードカラーや、違和感のない透明がおすすめです。

肌によくなじむベージュや淡いピンクのネイルは悪目立ちすることがありませんし、指先をきれいに見せて清楚な印象です。

しかし、規則でそもそもネイル自体を禁止している店舗もあるので、まずはよく確認をするようにしましょう。

もう一点、爪は短めに切りそろえておくこと。

長く伸ばした爪は見た目が清潔でなく、不衛生なイメージを与えます。

爪が長いと品出しの時などに、不用意に大切な商品を傷つけてしまう恐れがありますし、作業中に引っ掛けて爪が割れたり、折たりして危険です。

ロフトで働くバイトの中には、こうしたことを防ぐためにネイルをしている人もいるようです。

確かに割れたり、折れたりし辛くなるので、補強という意味では良いかもしれません。

いずれにせよ、ロフトのバイトをする場合、爪は短くしておくべきでしょう。

>>ロフトのバイト求人をみてみる?