zaraのバイトはネイルが認められています。

マニキュアを塗っても良いですし、ジェルネイルやつけ爪もOKです。

ですが、色味やデザインなどはzaraにふさわしいものが求められますから、上品な印象を与えるものでなくてはいけません。

ネイルをするなら、派手でない上品な色味の単色塗りか、フレンチ程度がベストです。

ストーンなどでデコったり、長いつけ爪、自爪を伸ばしすぎると、商品に引っかかって傷つけてしまうことがありますから、NGとされています。

特にバックヤードでの仕事の場合は、爪が引っかかりやすくなってしまうので、ショートネイルが良いでしょう。

上品なネイルで、指先にまで気を配っていることをアピールしたいのであれば、毎日のお手入れが重要ですよ。

特にマニキュアは爪先から剥がれやすくなりますから、毎日、トップコートを塗り直したり、剥げている部分を修正する必要があります。

剥げたネイルほどみっともないものはありませんからね。

ジェルネイルの場合も、根元が伸びてきたら、サロンなどを利用しましょう。

つけ爪の場合もしっかりと自爪にテープや接着剤で密着させて、仕事中に取れてしまうことがないようにしましょう。

自分が満足するネイルではなく、お客様に対して良い印象を持ってもらうということを意識しましょう。

>>ZARAの求人情報はこちら! (バイトル)

倍率が高いzaraのバイトに落ちた人は、熱意のアピールが足りなかったのかも・・・

zaraのバイトは倍率が高いことで有名です。

将来アパレル業界を目指している学生にとっては、経験を積む良いバイトですから、非常に人気が高いんです。

超難関を突破するためには、それなりの準備が必要になるんですよ。

zaraのバイトは、人気が高いだけでなく、面接での質問内容もファッション業界に対する信念や、英語やスペイン語などの語学力も必要とされます。

zaraの洋服がただ単に好きという志望動機では非常に弱く、採用されることはないでしょう。

zaraのバイトの面接では、語学力をアピールするか、それ以外の面をしっかりアピールできなければ合格できません。

もちろん、アパレル業界ですから、面接時の服装が似合っていなかったり、コンセプトがよくわからないようなコーディネートをしていても不採用となってしまいます。

ほとんどの希望者が不採用となりますから、自分だけが落ちたわけではないことに安心感を覚える人もいますが、今後もアパレル業界を目指すなら、自己分析をしてみましょう。

どんなところが不採用の原因となったのかをきちんと見極めると、他のバイトの面接に活かされますよ。

もちろん、zaraで不採用だったからといって、他のアパレルショップでの面接でも不採用になるということはありませんから、zaraでの面接経験を次の面接で活かしましょう。

>>ZARAのバイト求人をみてみる?