zaraのバイトには、報奨金制度があります。

頑張って店舗に貢献した分が、お給料として返ってくるわけですから、当然気になるのがノルマがあるかどうかですよね。

ノルマが設定されていると、精神的にかなり追い込まれて辛いと感じることも増えますが、zaraの場合はノルマは設定されていません。

ノルマはありませんが、「目標」はあります。

zaraは売上を上げることが重要視されていますから、売上アップにつながるような接客を積極的に行う必要があります。

できるだけ、多くの商品をお客様に買ってもらえるように、購買意欲を掻き立てなければなりません。

ですから、いかに積極的にお客様に声がけをして、売上を上げるかを常に頭に入れた接客を求められます。

それがうまくできない場合は、社員や先輩などから、厳しいお叱りを受けることになりますが、アパレル業界でのスキルアップのため、アドバイスはしっかり吸収し、社員や先輩の良いところは積極的に取り入れてレベルを上げていきましょう。

ノルマはなくても目標はありますから、ノルマが課せられているのと変わらないと感じるかもしれませんが、目標設定がないとダラダラした接客になってしまうので、目標があるのは自分自身のスキルアップのためにも良いことと言えるでしょう。

>>ZARAの求人情報はこちら! (バイトル)

主婦がzaraでバイトする場合は、周りのサポートが不可欠!

結婚前や出産前にアパレル業界で働いていた主婦は、子供が小学校に入学したなど、手が少し離れたことをきっかけにzaraでバイトをしたいという人が多いようです。

アパレル業界での経験があるので、おしゃれなzaraで社会復帰したいと人気があるようですが、主婦がzaraでバイトをするのはちょっと厳しい面が多いかもしれません。

zaraは店舗によって勤務時間が違いますが、基本的に自分の好きな時間だけ働くということはできません。

シフトが決定するのも、直前になってからですし、急な残業も発生しますし、何より短時間勤務ができません。

ですから、家事に時間をかけることもできなくなることが多いので、家族の食事作りや掃除などをする時間が取れなくなってしまいます。

まった、子供の学校行事やPTA、家族とのお出かけ、子供の急な体調不良の場合でも、休みを取ることは難しいです。

家事や子供のことを丸投げできる家族と同居しているなど、周りのサポート体制が整っていない状況では非常に厳しいと言えます。

逆にサポートしてもらえる環境であれば、これまでの経験を活かしてのzaraのバイトは給料面も良く、語学のスキルも身に付きますからおすすめですよ。

>>ZARAのバイト求人をみてみる?