zaraは人気のアパレルショップですから、バイトを希望している人も多いです。

ですがzaraは非常にバイトの面接が厳しいと評判なんですよ。

アパレルショップで働きたい、という強い思いがなければ、突破するのはかなり難しいようです。

一般的なバイトの面接だと、直接、社員や店長の面接を受けるだけで合否が決まることも多いですが、zaraはまるで正社員の採用試験のような面接内容となっています。

まずは書類選考に始まり、その後一次面接、二次面接へと進んでいきます。

zaraの面接では、服装も重視されますが、「自分を表現できるカジュアルな服装」という指定があります。

なかなかに難しい注文ですよね。

「カジュアルかつ自分に似合っているかどうか」がポイントになるようですから、zaraの服を着てzara好きをアピールしても良いですし、他のブランドの服でも問題ありません。

服装で好印象を面接官に与えることができたら、次は面接です。

面接は前半でDVDでの会社説明などをして、後半で質疑応答となります。

面接内容は一次も二次も質疑応答の内容は変わらないようですが、質問されることは、志望動機、コーディネートの説明、英語に関するもの、ファッションに関するものなどです。

英語に関する問題は、英語で書かれた文章を日本語訳し、それを丁寧な言葉に変換してお客様へ説明するというものです。

ファッションに関する質問では、しっかりとしたファッションに関する考えを持っていないと、しどろもどろになってしまって、黙り込んでしまうことになりそうです。

zaraでバイトしている人たちは、こういった厳しい面接を突破して、働いているんですね。

>>ZARAの求人情報はこちら! (バイトル)

zaraのバイトは厳しいことばっかりなの?いえいえそんなことはありませんよ!

zaraは面接も厳しいですし、仕事中も社員や先輩から厳しく指導されることもありますから、厳しいだけのイメージを持たれてしまうかもしれませんが、決してそうではありません。

「zaraの洋服が好きだから」という気持ちだけでは、zaraのバイトは大変だと感じるでしょう。

zaraは外資系ですから、どれだけ売上をあげることができるか、ということが重要視されますから、お客様の接客をしていない時でも、ボサっとただ立って時間を過ごす「給料泥棒」的なことは許されません。

例えば洋服をたたみ直したり、商品の棚を整えたりと常に動き回っていなければなりません。

また店舗にいる時だけでなく、zaraのバイトにはバックヤードでの仕事もあります。

バックヤードでは、大量の商品の仕分けを効率よくこなさなければいけません。

zaraのバイトは確かに厳しく辛いかもしれませんが、ファッションのことや接客のこと、いかに効率よく仕事をこなすかなど、たくさんのことを学ぶことができます。

やりがいや達成感は、他のどのアパレルショップよりも感じることができるかもしれませんね。

>>ZARAのバイト求人をみてみる?