ファッションが好きで、将来はアパレル関係の企業に就職したいと考えている大学生には、zaraのバイトはとってもおすすめです。

zaraは、接客態度や接客していない時の店内での態度などを、とても厳しい目で社員や先輩たちからチェックされます。

きちんとできていなければ、厳しく指導されます。

正直とても厳しい環境ですから、zaraでバイト経験を積むことは、精神的にも鍛えられますし、接客に必要なマナーなども身に付くんですよ。

さらに、とても忙しいので、段取りを考えて、テキパキと動けるスキルも身に付きます。

zaraの商品は非常に人気があり、お客様も多いので、とても忙しい仕事になりますから、店舗によっては希望しているよりもシフトを増やしてほしいと頼まれることもあるようです。

しかも、多くのバイトが1ヶ月前くらいに翌月のシフトが決定しているところ、zaraでは直前まで翌月のシフトがわからないという店舗も多いんです。

大学生の場合は、前期後期の試験だけでなく、レポート提出や卒論、就活などの予定をしっかり把握した上で、希望シフトを提出するようにしましょう。

もちろん学業を優先するのは当然ですが、特に何の予定もない日にシフトに入って欲しいと言われたら、ファッションや接客のスキルをアップさせるためにも、店舗に協力しちゃいましょう。

>>ZARAの求人情報はこちら! (バイトル)

zaraのバイトのシフト組みってどうなってるの?

zaraのバイトは、店舗の混み具合によっては、急な残業も発生するハードなものです。

予定していない残業は、バイトの後に予定を入れている場合には、かなり厳しいものがありますが、基本的には対応が求められます。

ですから、シフトに入っている日は、残業が発生しても対応できるように、予定は入れないようにしましょう。

zaraのバイトのシフトは、おおむね7時~21時の時間の中から、5~8時間の勤務時間でで固定シフトを組みます。

店舗によっても多少違うようですが、1ヶ月ほど前に自分が希望するシフトを提出します。

他のバイトの人の希望シフトと調整しながら、シフト組みされます。

実際の自分のシフトが確定するのは、勤務日のかなりギリギリになってしまうことがほとんどのようです。

ですから、zaraのバイトのシフトが決定するまでは、他の予定を入れられないということになりますから、他のバイトと掛け持ちするということは難しいでしょう。

zaraでは、基本的に自分の好きな時間帯のシフトを提出しても、希望通りにならないことも多いので、どうしても予定があってバイトができない日や、残業ができない日などはなるべく早めに相談しておきましょう。

とにかくzaraのバイトは、シフトに関しては自由がほとんどききませんから、基本スタンスとして、「いつでも大丈夫!」でないと、ちょっと厳しいかもしれませんね。

>>ZARAのバイト求人をみてみる?