アパレルショップでバイトをする時には、そのショップの商品を購入して着用しなければならないことも多いようですね。

zaraの場合は、黒のパンツスーツを貸与してくれますので、自分で揃えたり、購入する必要はありません。

靴の貸与はありませんから、自分で黒のフラットシューズを用意しなければいけません。

店舗によっては、自分に合うスーツのサイズがなかったりする場合、すぐに貸与してもらえない場合もあります。

そんな時はzaraの用品でなくても問題ありませんので、自分で黒のパンツスーツを用意しなければなりません。

その際は、きちんと自分に似合い、自分の体型に合ったサイズを購入して、だらしない印象にならないようにしなければなりません。

スーツを1着も持っていない人にとっては、大変かもしれませんが、大学生の場合は就活用として購入しておいても損はありませんよ。

貸与される黒のスーツを制服として着るわけですが、何着も貸与してもらえるわけではありませんから、クリーニングに出すタイミングが難しいのですが、バイト終わりにブラッシングするなど、清潔感が損なわれないように気をつけましょう。

>>ZARAの求人情報はこちら! (バイトル)

zaraのバイトを辞めたいと思ったら、できるだけ早く申し出て迷惑のかからないように!

zaraのバイトは非常に忙しく、覚えることもたくさんありますから、最初はみんななかなかテキパキと動けず、社員や先輩たちから厳しい口調で叱られてしまうことも多々あります。

アパレルショップでの経験者であれば、比較的早く仕事に慣れることができますし、大体の仕事内容もわかっていますから、うまく仕事をこなしていけますが、アパレル未経験の人はこの厳しさに耐え切れずに辞めたいと思う人が多いです。

普段あまり叱られることがない人にとって、人前で厳しく叱られることは非常に苦痛かもしれません。

確かに厳しいですが、最初の辛い時期を乗り越えれば、社員登用制度などもありますし、きちんと実力が評価される、非常にやりがいのある仕事であることに気づくはずです。

ですが、人間には向き不向きもありますし、仕事内容自体に問題はなくても、人間関係がネックになる場合があります。

バイトを辞める時には、周りに迷惑をかけない辞め方をしなくてはいけません。

迷惑をかけない辞め方とは、辞めると決めたらできるだけ早く社員に伝えることです。

希望シフトを提出前に店長に申し出ましょう。

シフトを提出してしまってから、辞めたいと申し出た場合、再度シフトを組み直さないといけない手間が出てきてしまい、非常に迷惑をかけてしまうからです。

>>ZARAのバイト求人をみてみる?