ゲオでのバイト採用後は、まず最初に返却作業の仕事内容から始まることが多いようです。

返却作業というと、イメージ的にはそれほど難しい仕事内容のようには思われないかもしれません。

しかし、ゲオでバイトを始めたばかりの頃は、どこにどんな商品があるかがわからないため、返却に思いのほか時間がかかってしまうようです。

ただし、返却作業を続けることにより、どの場所にどの商品があるかということを覚えることが出来ます。

お客様にも商品の場所を尋ねられることが多いので、返却作業をスムーズに行うことは、ゲオでバイトをするためにはとても大切な仕事内容であると言えます。

返却作業を覚えると、ゲオではレジ業務に移ることが多いようです。

レジ業務では、レジ操作もさることながらお客様と接する機会が多いため、接客用語を使う機会が増えます。

接客業が始めてだという方の中には、敬語に自信のないという方もいるかもしれません。

しかし、接客用語はマニュアル化されているので、それを覚えてしまえば特に心配はないでしょう。

また、最初は店長や先輩のバイトがついて教えてくれるので安心です。

教わったことはメモをとり、その日のうちに復習をすることが仕事を早く覚えるコツなのでお勧めです。

>>ゲオの求人情報はこちら! (バイトル)

ゲオのバイトって掛け持ちOKなの?

ゲオのバイト募集広告を見ると、掛け持ちOKと記載のあるものが多いことがわかります。

ゲオは固定シフト制ではなく希望シフト制なので、バイト時間の融通かききやすく、また、短時間勤務もOKなので掛け持ちがしやすいようです。

平日は本業があるから働くことはできないけれど、土日は休みなので土日のみ働きたいという方も、週2日からOKというゲオもあるので大丈夫です。

ただ、掛け持ちをする際に気を付けなければいけない点に、体力的な負担というものがあります。

疲れすぎてしまって両方の仕事に支障をきたしてしまっては、元も子もありません。

下手をすれば、両方の仕事を失ってしまう可能性もあるわけです。

仕事を上手に両立できる程度にとどめ、自分の体力と相談しながら行うことが大切です。

ゲオ一本でバイトをしたいけれど、あまりシフトに入ることができないので十分な収入が得られず、仕方なく掛け持ち先を探すという方もいるでしょう。

それなりの収入を求める方は、掛け持ち先を探す前に、まずは店長にシフトについての相談をすると良いと思います。

他のバイトとの兼ね合いもあるので、すぐにシフトを増やしてもらうということはできないかもしれませんが、考慮をしてもらえるかもしれません。

>>ゲオのバイト求人をみてみる?