飲食店でのバイトは、マニキュア類の使用を禁止していることがほとんどですが、ゲオは飲食店ではないので、ネイルの使用はOKの店舗がほとんどのようです。

最近はジェルネイルなどを楽しんでいる女性が多いですが、ゲオではバイト前にせっかく塗ったマニキュア類を落とす必要がありません。

ネイルを楽しみながらバイトもできるというわけです。

でも、だからと言ってどんなネイルも許されているというわけではなく、接客業ですので清潔感というものが求められます。

ゲオに来店するお客様は子どもからお年寄りまで幅広い年齢層の方がいらっしゃいます。

その方々に不快感を与えないということが重要ですので、ネイルに関しても透明なものであったり、あまり目立たないものである必要があります。

ゲオのバイトはDVDなどを扱う作業があるため、爪の長さに関しては厳しめのルールが設定されているようです。

爪が長いと大切な商品であるDVDの表面に傷をつけてしまうこともありますので、時々チェックをされることもあるようです。

爪が長いとDVDを傷つけてしまうばかりでなく、不潔な印象をもたれてしまうことも多いです。

出勤前に必ず爪の長さをチェックする習慣をつけると良いでしょう。

>>ゲオの求人情報はこちら! (バイトル)

ゲオでのバイトを辞めたい時はいつまでに申告する必要があるの?

ゲオは直営店とFC店があり、特にFC店の場合は独自のルールを設けている場合があります。

そのため、辞め方に関してもどの位前までに申告する必要があるかというと、店舗により異なる場合もあるようです。

しかし、ほとんどのゲオの店舗では辞めたい時は、最低でも一か月前までには退職の気持ちを伝えることが求められるようです。

一か月前と言うと、かなり期間があるように思われるかもしれません。

しかし、新しい人材の確保や仕事を一通り覚える期間というものを考えると、一か月でぎりぎり間に合うかどうかという状況であるとも言えます。

バイトを辞めたいという気持ちを伝えることは、少々勇気のいることではありますが、いずれにしてもいつかは必ず伝えなければなりません。

バイトを辞めてからも、お客として顔を出せる関係を続けたいという気持ちが強いのであれば、早めに伝えることが大切です。

ゲオのバイトに限らず、バイトを始めた頃は仕事が覚えられなくて辞めたいと思うことが多いものです。

ただし、覚えてしまえば辞めたいという気持ちも薄れていくことが多いでしょう。

また、ゲオのバイトを辞める時は、貸与された制服とハンドブックの返却を忘れないようにしましょう。

>>ゲオのバイト求人をみてみる?