ゲオのバイトは高校生不可という記載のあるものが多いように見受けられます。

大人だけではなく、小さな子どもも利用するお店なのにもかかわらず、なぜ高校生のバイトが不可なのかと疑問に思われるかもしれません。

でも、これにはきちんとした事情があります。

ゲオでは、18歳未満禁止という商品があり、その商品に限っては18歳未満のスタッフは扱うことが出来ません。

そのため、扱える商品に制限のある高校生を採用するよりも、全ての商品を扱える人を採用した方が雇用者側としては都合が良いからのようです。

ただし、よく見ると、全てのゲオの募集要項に高校生不可という記載があるわけではないようです。

中には何も記されていないものもあり、その場合はバイトを出来る可能性もあるというわけです。

どうしてもゲオでバイトをしたいという気持ちのある方は、何もしないで諦めるのではなく、まずは電話で確認してみると良いでしょう。

また、高校を卒業した後の春休み中であれば、高校生不可という記載があってもゲオでのバイトが可能な場合もあるようです。

ただし、この場合でも18歳未満の場合は受け付けてもらえない場合もありますので、電話で確認することをお勧めします。

>>ゲオの求人情報はこちら! (バイトル)

ゲオのバイトに落ちた場合の要因ってどんなこと?

ゲオのバイトに落ちた場合に考えられる要因に、ゲオ側が必要な時間帯に、シフトに入ることが出来ないということがあげられます。

バイト希望者が複数いた場合、土日や祝日など、バイトに入ることができる曜日や時間帯の多い人の方が採用の確率が高まる傾向にあるようです。

しかし、それ以上に大切なことに、接客業をするのにふさわしい人材であるかどうかという点があります。

ゲオのバイトにどうしても落ちたくないという方は、面接の時にだらしのない洋服を着ていくのは絶対に避けましょう。

清潔感のある洋服を着用していくことが大切です。

よれよれのシャツというのは言語道断です。

綿シャツを着用するのであれば、ピシッとアイロンのかかったものを着用しましょう。

ゲオのバイト面接の時は、大きな声でにこやかに対応することが大切です。

落ちたくないという方は、受け答えの内容以上に表情や声のボリュームが大切ですので、その点を念頭に入れて面接に臨みましょう。

ゲオの合否結果は、採用不採用にかかわらず連絡をくれる店舗と、採用者のみに連絡をくれる店舗があるようです。

面接の時に、合否結果の連絡方法の説明は必ず行われますので、聞き漏らさないようにしましょう。

>>ゲオのバイト求人をみてみる?