どのバイトの面接でもそうですが、志望動機は必ず聞かれます。

スタバのバイトでも例外なく聞かれる質問の1つです。

質問する側も、分かって聞いていますので、その際に上手く答えられるように、意見や考えをまとめておくと良いでしょう。

志望動機の内容については特に指定はありませんが、なるべく前向きな内容が良いでしょう。

単純に、「お金が必要だったから」など、正直に答えてしまう事は場合によってはNGです。

やはり、「キラキラ仕事をするバイトのスタッフに憧れた」、「スタバのコーヒーのファン」など、スタバに興味があるという回答が一番無難です。

そういう答えは非常に多いので、その中で受かる方法としては、プラス笑顔とシフト条件が融通が利く、交通費は通学の定期券がある為かからないなど、スタバにとって有利な情報を開示しましょう。

バイト歴があれば、そこで学んだことを話すと良いでしょう。

しかし、場合によっては辞めた理由なども聞かれますので、注意が必要です。

人間関係が合わなかった等、マイナスな答えは愚痴になってしまう可能性が高いので、止めましょう。

受かるコツは、明るい笑顔、コミュニケーション、シフトの融通さ、スタバが好きな理由、などを明確にしておくことです。

少し位話がつかえても、明るく答えていればOKです。

また必要以上に大きな声、小さな声はNGです。

特に大きな声を小さくする事は簡単ですが、小さな声を大きくする事は、羞恥心を捨てることなど努力が必要です。

スタバは接客業ですので、バイト面接の際は、志望動機以前に明るいコミュニケーション能力が重視されます。

>>スタバの求人情報はこちら! (バイトル)

スタバのバイトの倍率はどれくらい?

スタバでバイトを希望する場合、かなり採用への道の難易度が高いと思っていた方がいいです。

それだけスタバのバイトの倍率が高く人気のワケは、社割の利用制度や、知名度など色々な理由があります。

スタバでバイトをする際には、倍率が高いという事を頭に入れ、面接に望みましょう。

特に都内での倍率は非常に高く、採用されることは難しいです。

又、スタバのバイトでは店舗ごとに応募することができる為、何度も面接に落ちたという方も存在します。

何回も落ちても、挑戦する方にはぜひとも採用を勝ち取って欲しいです。

スタバでのバイトは都内ですと、2~3人枠に30~70人応募者が殺到することもあり、これが採用が難しい理由です。

なのでどうしてもスタバでバイトしたい場合は、場所を限定せず、地方を狙ってみるといいかもしれません。

又、まめな情報収集が必要です。

常にサイトなどをチェックし、場合によっては現在スタバでバイトしている人などの、周りのつてを頼ってみるのも手です。

地方の店舗や、みんなが忙しい時期などのスタバの面接の倍率は、グンと下がります。

スタバでバイトをしたい場合には、倍率が少ない時期を狙い、面接はできる範囲でベストをつくしましょう。

基本的にどのようなバイトでも、率先力がある人や、使いやすい人を求めています。

なので、このような高倍率のスタバのバイトに採用される為には、自分の使いやすさを上手くアピールし、シフトの融通をきかせ、どのような条件でも働ける位の覚悟が必要です。

その上で、柔らかな雰囲気、コミュニケーション能力の高さが重要になってきます。

スタバのバイトでよく言われる、顔の良さについては、悪いよりは良い方がいい位に考えましょう。

顔については、肌のきれいさでもカバーする事が可能ですので、顔だけでスタバのバイトを落ちるという事はありません。

>>スタバのバイト求人をみてみる?