接客販売のバイトをしたことがない人にとって、研修がしっかりあるのかどうかは非常に気になるところですね。

でもゴディバは2ヶ月もしっかりとした研修期間を設けていますから、未経験でも安心なんですよ。

研修場所は、配属される店舗になります。

具体的な研修内容は、接客の仕方に始まり、チョコレートの味の違いを覚えたり、ゴディバ独特のダブルリボンでのラッピング方法やショコリキサーの作り方などです。

チョコレートの味の違いを覚えるために、店舗によっては実際味見させてもらえるところもあるようですよ。

2ヶ月の研修期間の時給は、20円だけ下がります。

短期バイトの場合の研修は、長期とは違っていて、研修期間はたったの1日しかありません。

その1日で、チョコレートの販売の基本を学びます。

商品知識については、商品詳細の書かれている冊子を渡されますから、それを見て自分で覚えてくるという感じです。

期間限定の短期バイトは、じっくり研修を受けることができませんので、「待ち」の姿勢ではなく、「積極さ」が必要です。

>>ゴディバの求人情報はこちら! (バイトル)

ゴディバのバイトはピアスってしたままでOKなの?

ゴディバでバイトするうえで気になるのがピアスなどのアクセサリーをつけたままでOKなのかどうかです。

ピアスに関しては、店舗によって扱いが違うようで、絶対NGという店舗もあれば、小さいものであればOKという店舗もありますから、面接の時に確認しておいたほうが良いでしょうね。

ゴディバは清潔感のある身だしなみを求めているので、面接の時にも大きな派手なピアスは避けたほうが無難です。

ピアスで不採用になってはもったいないですからね。

中にはファーストピアスをつけたばかりで外せないという人もいるかもしれません。

そういった場合は、1度相談してみましょう。

穴が開ききったらつけてこないという約束で、認めらる場合があるかもしれませんよ。

最近の女性は、ジェルネイルなど爪もおしゃれにしている人が多いですよね。

プライベートではとてもかわいくておしゃれなネイルも、食品を扱う仕事としては好まれません。

手は常に清潔に保たなければなりませんから、マニキュア等はもちろん控えるべきですし、爪もいつも短くキレイに切りそろえておくのがベストです。

化粧に関しては、ナチュラルで清楚なものを求められますが、ナチュラル=ノーメイクではありません。

社会人として、また高級チョコレートを扱う仕事としてノーメイクは避けたほうが良いですね。

ただし、ピアス同様に、肌が弱くてどうしてもメイクができない場合も、事前に相談しておきましょう。

ファンデーションが使えなくても、眉毛を整えたり、マスカラや口紅などのポイントメイクだけでもメイクしたように見えますよ。

>>ゴディバのバイト求人をみてみる?