高校生や大学生になると人生はじめての社会人経験、そして自らの手でお金を稼ぐ手段として「セブンイレブン」などのコンビニエンスストアでのアルバイトを希望する方が多くいらっしゃいます。

バイトに応募し面接に望んだとき、志望動機などで「仕事内容がなんとなく楽そうだから」という人もいますがこれでは不採用となってしまう模範的回答です。

セブンイレブンをはじめとしたコンビニエンスストアで働いている人の大半がパートやアルバイトさんです。しかし、仕事内容はレジ打ちや商品の補充からはじまり、トイレや周辺環境の清掃といった「クリンネス」と呼ばれる作業まで店舗運営に関わる大半が仕事内容といってもよいでしょう。

また勤務経験の長いベテランバイトとなると、セブンイレブンの売れ筋商品であるお弁当類やプライベートブランド商品の発注なども任されるようになるので、仕事内容は決して楽とは言い切れません。

>>セブンイレブンの求人情報はこちら! (バイトル)

セブンイレブンでバイトするメリット

セブンイレブンの公式HPにあるアルバイト募集のページには、長年セブンイレブンで働いてきた先輩たちの声がのせられています。

「ほかのコンビニエンスストアではなくなぜセブンイレブンを選んだのか」という質問に対し、商品に対する愛着や自宅の周辺にできて子育てとの両立が可能だったからといったお店で働くことで得られるメリットを述べています。

また、新商品が売り出されるとPOPや装飾などで商品をPRできることで、自分の中に隠されていた才能に気づくことができたという珍しいメリットまで過去には載せられていたそうです。

アルバイトによって得られたメリットそしてデメリットは人それぞれで個人差はありますが、多くの人が「生活習慣が規則正しくなる」や「人付き合いが得意になった」ということを述べているようです。

>>セブンイレブンのバイト求人をみてみる?