ドトールでは、バイトに対して清潔感を求めており、服装や身だしなみに細かく規定があります。

これはもちろん、化粧に関しても言えることです。

ドトールのバイトでは、化粧は控えめなナチュラルメイクでなければなりません。

ドトールは、飲食業で接客の仕事なので、派手な濃いメイクは、お客様に不快感を与えてしまう可能性があるのです。

最近では、化粧でつけまつげやエクステが当たり前になってきましたが、ドトールのバイトではこれらも全て禁止です。

ナチュラルな化粧ではなくなりますし、仮に、外れてお客様に提供するドリンクなどに入ってしまった場合は、大問題になってしまいます。

衛生的にも見た目的にも、華美な化粧は控えましょう。

ドトールでは、バイトはピアスも基本的には禁止されています。

しかし店舗によっては店長が規定を定めているので、違いが生じてきます。

例えばピアスに関しても、店舗によっては禁止していたり、透明ならOKなど、規定が様々なので面接時にしっかり確認しておきましょう。

ドトールではこういった見た目の清潔さをかなり重視しており、厳しく規定があるので、おしゃれや流行のメイクはプライベートな時にして、きちんとけじめをつけることが大切です。

>>ドトールの求人情報はこちら! (バイトル)

ドトールのバイトの研修に対する考え方

ドトールは、全国各地に店舗がありますが、直営店とフランチャイズチェーン店の二種類に別れています。

フランチャイズチェーン店の場合は、各店舗の店長が、それぞれの店舗の運営方針を決めることができるため、バイトの統一研修制度はありません。

もちろん、正社員やフランチャイズチェーン店の店長を対象とした研修はあるのですが、バイトは研修を受けることができないのです。

ドトールでバイトが決まると、まず、マニュアルを3冊渡され、これらを全て覚えなければなりません。

そして、バイトにはいるとすぐに、実践として店舗に立ち、働きながら仕事を覚えるのです。

他のバイトと同じように、ドトールでも研修期間というものはあります。

研修期間は100時間とされていますが、1~3か月としている店舗も多く、これもまた店長の方針によって変わるのです。

バイトの研修内容も、ドトールの店舗によってやり方が異なります。

オリエンテーション形式で研修を行う店舗もあれば、少しづつできる仕事を増やしていく店舗もあります。

キャッシャー・洗浄の仕事を覚えて、ドリンク、フードの順に仕事を進める店舗もあれば、ラウンド、食器洗いから始めてドリンク、フードをこなし、キャッシャーを覚えさせる店舗もあります。

バイトの研修に対しても、店舗ごとに違うので、研修内容や期間など、面接のときにしっかり確認しておきましょう。

>>ドトールのバイト求人をみてみる?