ドトールでは、バイトの身だしなみにかなり細かく規定が定められています。

ドトールでは、バイトは制服を貸与されるので、靴とベルトを用意する必要があります。

この靴に関しても、身だしなみの一つなので細かい指定があるのです。

女性はローファーか、踵の低いパンプスで色は黒のみです。

男性は、黒い革靴を履かなければいけません。

最近では飲食店でもカフェなどではスニーカーを履いている店員をよく見かけますが、ドトールではスニーカーは禁止されています。

また、ドトールではかなり忙しく動き回るので、靴はダメになりやすく、ドリンクなどをこぼしてしまうことも多いので、安くて履きやすい靴を用意するとよいでしょう。

靴下は特に規定はないのですが、制服が黒いので黒が無難でしょう。

また女性はストッキングやタイツを履いている人が多いようです。

もう一つ用意しなければならないのがベルトです。

ベルトも黒と決められているのですが、実際には制服の上着で隠れてしまうので、ベルトをしていないという人も多いのが現状です。

ベルトを用意する際は、スーツを着る時などに使う革のベルトが無難でしょう。

>>ドトールの求人情報はこちら! (バイトル)

ドトールのバイトを辞めたいと思ったらするべきこと

ドトールでのバイトは、想像していたものと違ったり、厳しかったりして辞めたいと思う人も少なくないようです。

ドトールのバイトを辞めたいと思う理由として、覚えることが多すぎる、接客業が合わない、思っていた仕事と違ったなどが挙げられます。

特に、入ったばかりの時は、数冊あるマニュアルを入店前に覚えなければならなかったり、スピーディな仕事について行けず、悩んでしまう場合も多いことでしょう。

しかしこういったことが理由で辞めたいと思ってしまった場合は、まず、店長や先輩に相談して解決策を見つけ出すことをおすすめします。

一人で悩んでしまって、辞めたいというところまで思いつめる前に、先輩たちからアドバイスをもらえれば、何とかなる場合も多いのです。

どうしてもドトールでのバイトを辞めたいと思った時は、早めに申告するようにしましょう。

通常、ドトールではバイトのシフトを2週間ごとに決めます。

最低でも新しシフトができる前に、店長や責任者に辞める意思を伝えなければなりません。

しかし社会人として、新しい人員確保のためにも、責任をもって1か月前には辞めることを伝えましょう。

中には引っ越しや病気など、やむを得ない事情があって、どうしてもすぐに辞める必要がある場合もあるでしょう。

その時は店長と話し合い、合意すればすぐに辞めることもできます。

>>ドトールのバイト求人をみてみる?