日高屋のバイトは外国人スタッフを雇っている店舗が多いため、職場を通じて国際間のコミュニケーションを肌で感じることができます。

異文化で育ったスタッフと同じ職場で上手く働けるのか?と危惧している人もいるようです。

しかし、いざバイトとして働き始めると、意外にも外国人スタッフと仲良くやっていけると評判の店舗が多いので心配はいりません。

日高屋は中華料理の店なので、中国出身の方がバイト先として選ぶことが多く、本場の雰囲気を醸し出しています。

日高屋で求められるのは回転の早さです。

とにかくスピーディーに処理をしていかなければなりません。

バイト同士のコミュニケーションがうまくいくように、店長や社員が風通しをよくするよう努力しているという点は良い評判として伝えられています。

バイト中に発生する盗難については、勤務時に多額の金品を持ち歩かないよう指導するなど評判を落とさないように社内でも努力しているようです。

働く人たちが気持ちよく働けるように考えられているわけです。

>>日高屋の求人情報はこちら! (バイトル)

日高屋のバイトで一番大変なことは?

日高屋のバイトで一番大変なのは、回転の早さです。

お客様が来店してから注文、提供、精算などがものすごいスピードで行われます。

お客様も当たり前のように回転の早さを望んできますので、処理速度が少しでも遅いとクレームとなります。

バイトに慣れないうちはミスも多くなりますので、より大変だと感じてしまいがちです。

ですが、日高屋のバイトは単純作業が多いので、数をこなしていけば確実に処理速度自体はあがっていきます。

同時並行してできる作業を増やして、常にお客様へのアンテナを張り巡らしていると大変だと思うポイントが徐々に減っていきます。

日高屋のスピード感に体が自然と反応していけるようになると仕事が楽しいと思えるようになっていきます。

>>日高屋のバイト求人をみてみる?