「銀のさら」はデリバリー専門の寿司店として、従来の寿司店の概念をひっくり返した革命的なお店です。

そんな、銀のさらでのバイトは「きつい」「大変だ」といったネガティブな意見が出ていることは否定できません。

それは、銀のさらのバイトの業務内容が調理から宅配、そしてポスティングといた多岐にわたっているため、業務内容が多いことを「やりがい」と感じるか、「きつい」と感じるかは個人差が非常に大きい項目です

しかし、飲食業界での就職を考えている人なら、銀のさらでのバイト経験は決して無駄ではないと思います。

飲食業の経営に関するノウハウが凝縮されている銀のさらの業務は、自分が経営者となった時、雇用した従業員の仕事がきついと感じるポイントが理解できるようになり、雇用する側とされる側の信頼関係の強化につながるからです。

>>銀のさらの求人情報はこちら! (バイトル)

銀のさらのバイトで厳しいと感じること

銀のさらでのバイト経験者によると、銀のさらでの業務の中で最も厳しいとおもったのが、「デリバリー業務」だったと回顧しています。

銀のさらのデリバリー業務は、寿司の製造部門であるメイク担当の社員やバイトさんが美しく盛り付けた寿司をお客様のところに運んでいく業務です。

使用するバイクは後輪が2つついた3輪タイプのバイクなので、原付バイクを運転したことのある人でも慣れるまで厳しいといわれています。

また、デリバリーの至上命令といわれている「時間遵守」も銀のさらのバイト初心者にとっては、最初の難関となります。

配達エリアの交通事情や道路関係に明るくないと、道順を誤り時間遵守が厳しい場合があります。

宅配専門の銀のさらにとって、大雪や大雨などによる悪天候時以外は、デリバリー時間を守ることは、注文してくれたお客様との約束であります。

その約束を果たせないと、次の注文をとることは非常に厳しいのです。

>>銀のさらのバイト求人をみてみる?