佐川急便でのバイト業務の中で、最も時給がいいけれど強靭な体力が必要となる業種が「仕分け」に従事する人だといえます。

佐川急便の仕分け作業は、トラックから運ばれてベルトコンベヤーに乗せられた荷物を配送地域ごとに区分して所定の場所に置く作業です。

仕分けされた荷物は、翌朝になると佐川急便のドライバーが自分のトラックに積んで配送するという仕組みです。

一見すると、仕分け作業のバイトって単純で楽かなと思われますが、運ばれてくる荷物は大きさも重さもみなバラバラ、しかも秒速単位で次々と流れて来る荷物を迅速に運ぶことが要求されます。

そして、ある程度仕分けの作業になれたバイトさんには「荷引き」と呼ばれる仕分けの細分化作業も任されるようになります。

荷引きは運ばれてくる荷物を瞬時に判断し、該当するレーンに乗せなおす作業なので判断力なども要求されるハードな作業です。

これができるようになると、仕分けとして一人前といわれています。

>>佐川急便の求人情報はこちら! (バイトル)

佐川急便の事務のバイトはどんなことをするの?

佐川急便では肉体労働なしの事務作業に関するバイトも随時女性しており、こちらは女性のかたがメインの仕事だといえます。

佐川急便の事務作業は、主に「電話応対」と「荷物の追跡作業」となります。

電話応対は不在者票が入っていた人から再配達希望の連絡が来たら対応し、担当ドライバーに連絡するという橋渡しの仕事です。追跡作業もPC操作できればすぐに荷物の所在がわかるので、佐川急便のバイト初心者でもすぐになれるでしょう。

事務作業の中で最も大変なのが、「クレーム処理」です。

クレームの種類は「荷物の到着が遅い」「配送された荷物が破損していた」など、直接的関与はなくとも窓口対応として真摯に謝らなければならないので、精神的にはなかなかキツイ部分もあります。

バイト初心者には最大の難関といえるでしょう。

>>佐川急便のバイト求人をみてみる?