カルディは女性だけでなく男性にも人気があります。

特に最近では料理好きの男性が増えてきていますから、カルディのような珍しい輸入食品を扱っているようなところは男性であってもワクワクウキウキします。

ところで、カルディに行って男性のバイトって見たことはありますか?

恐らく、男性のバイトは見たことがないという人の方が多いと思います。

カルディでバイトしている人たちの男女比を見ても、圧倒的に女性の方が多いので、男性バイトは雇っていないと思っている人もいるでしょう。

ですが実際には、男性バイトもいるんです。

カルディのバイトの業務は品出しなんかの力仕事も含まれますから、それは男性の方が向いているんです。

また直接カルディの店舗に男性バイトがいなくても、カルディのカフェの方でバイトをしている男性はたくさんいるんですよ。

男性でカルディでバイトがしたいと思っている人は、ぜひ応募して面接を受けてみましょう。

意外と重宝がられたりするのではないでしょうか。

>>カルディの求人情報はこちら! (バイトル)

カルディのバイトのシフトってどうやって組まれるの?

バイトのシフトって出勤日数や曜日に偏りやムラがあると不満に思ったことはありませんか?

「もっと働きたいのにシフトに入れない」「予定がある曜日にシフトが入っている」というのが長く続いてしまうと、収入も安定せず嫌になって辞めたい気持ちになってきますよね。

でもカルディのバイトは固定シフト制なので、面接時に確認した希望勤務日に沿ってシフトが決まり固定されます。

ですから、出勤日数にもムラが出ず、毎月のお給料も常にほぼ同額となりますから、予定が立てやすいですよね。

でも固定シフト制でも困ることが出てきます。

それが急な用事が入ってしまった時です。

固定シフト制だとイメージ的に「意地でもシフトに入らなければならない」と思う人もいますが、そんな時には事前に店長に伝えればシフトを変更してくれるので大丈夫です。

ただし、いきなり前日に「明日は無理」と言われてもちょっと変更は難しい場合もありますから、できるだけ予定がわかった時点で早めに店長に伝えておきましょう。

また自分の都合でシフトを変更したということは、他のバイトが自分の代わりにシフトに入ってくれたか1人少ない人数で忙しく業務を回したということですから、必ず「ありがとう」や「すみません」という言葉は忘れずに。

しょっちゅうシフトの変更を申し出ると、店長や他のバイトの印象もよくありませんから、勤務希望日はじっくり考えてから伝えることが大切です。

>>カルディのバイト求人をみてみる?