バイトの面接って緊張しますよね。

特に面接で必ず聞かれるのが「志望動機」ですが、志望動機って難しいと思いませんか?

「楽しそうだから」「時給が高いから」「家から近いから」というような本音を言うわけにはいきませんから、多くの人が取ってつけたような志望動機で面接担当者を苦笑いさせていますね。

カルディのバイト面接でも、もちろん志望動機はちゃんと聞かれます。

カルディの場合、接客のお仕事がメインになりますから、志望動機と同じくらい重要視されるのが「元気さ」です。

どんな良い志望動機を言っていたとしても、声が小さく笑顔がなければ、採用されることはないでしょう。

ちょっとくらい志望動機が的はずれであっても、明るくハキハキと大きな声で受け答えができるというのがポイントになります。

志望動機がうまく思いつかないという人は、「接客が好き」ということをアピールしても良いと思いますし、カルディの商品を実際に食べたことがあるという人は、「カルディ好き」をアピールしても好印象でしょう。

>>カルディの求人情報はこちら! (バイトル)

バイトの口コミでカルディが体育会系と言われるワケ

大きなショッピングモールに入っているカルディ。

一般のスーパーなどでは扱っていない珍しい商品がたくさん置いてあるので見るだけでも楽しいですよね。

そんなカルディですが、バイトの口コミではなぜか「体育会系」なんて言われているんです。

カルディと体育会系ってあまり結びつきませんが、どこが体育会計と言われているのか理由を探ってみました。

そもそも体育会系のバイトって元気の良いノリだったり、体を使うちょっとハードなものを想像しますよね。

カルディにそんなハードな要素があるのかな?と思う人も多いと思いますが、実は体育会系と思われる要素があったんです。

それが「声出し」と「品出し」です。

カルディの店員さんはバイトかどうかの雇用形態に関わらず、みんな大きな声を出して接客していますよね。

とにかく元気が良いという印象です。

それにプラスして、お店ですから当然商品の品出しもバイトの大切な業務の1つです。

この品出し、経験のある方ならわかると思いますが結構力仕事で大変なんですよね。

この接客の声の大きさや品出しのハードさからカルディは体育会系のバイトだという口コミにつながっているんでしょうね。

カルディが体育会系であるという口コミを見ずに、バイトを始めたばかりの人は、大きな声を出さないといけないことにちょっと戸惑うかもしれませんね。

自分では大きな声を出したと思っていても、実は全然小さな声だったり。

慣れれば楽しくバイトができるようになってきますから心配いりませんが、口コミ情報なんかは事前にチェックしておいたほうがイメージがつかめるのでおすすめです。

>>カルディのバイト求人をみてみる?