ドトールのバイトは、人気があるので当然倍率も高く、落ちた経験がある人も多いと思います。

バイトの面接で落ちてしまった場合、自分が至らなかったからではないか、などと悩んでしまうこともあると思います。

特に、店舗が提示してきた、シフトなどのバイトの条件をクリアしているのに落ちてしまった場合は、ルックスで選べれているのでは、と思ってしまいます。

ドトールでは、バイト不採用の場合、特に理由などを伝えていないので、自分がなぜ落ちてしまったのか分からず悩んでしまいます。

ではドトールのバイトの面接で受かるためには、どうすればよいのでしょうか。

まず、ドトールは飲食業なので、ルックスではなく、清潔感や明るい雰囲気、身だしなみが重視されます。

接客業なので、もちろんコミュニケーション能力や態度なども、面接では見られているようです。

急なシフト変更にも対応できるかどうかも、採用の大きなポイントとなっているようで、面接ではシフト変更になったときのことを確認されます。

ドトールでのバイトの面接に落ちた理由は、だいたい、こういったお店の望む条件と合わなかった場合が多いようです。

ドトールは、店舗数が多く、店舗によって求めるバイトの人材のカラーも異なるため、このお店では落ちたけど、他では受かったというケースもあります。

本気でドトールでバイトをしたいと思っているのなら、バイト募集をこまめにチェックして、何度も応募するとよいでしょう。

>>ドトールの求人情報はこちら! (バイトル)

ドトールのバイトでネイルは認められてる?

ドトールのバイトは、飲食業界の中でもかなり厳しく身だしなみに関する規定が、定められています。

もちろんネイルに関しても細かく規定があり、ドトールでバイトをするときは、しっかり守らなければなりません。

ドトールでは、バイトはネイルが禁止されています。

ドトールに限らず、他の飲食店でも、マニキュアなどのネイルは禁止されているところがほとんどです。

飲食店では、お客様に食べ物を提供しており、ネイルなどをしていると、不衛生な印象を与えますし、何よりお客様に不快感を与えてしまいます。

ドトールではバイトに対して、清潔感を求めていて、そういった観点からもネイルに関しても厳しくなっているのです。

また、ドトールでは、長く伸びた爪も禁止です。

バイトに入る前に、きちんと短く整っているかしっかり確認しましょう。

ドトールでのバイトでは、服装、髪型から爪の先まで、気を遣った身だしなみを求められているのです。

>>ドトールのバイト求人をみてみる?