バイトをするときに気になることの一つは、まかないだと思います。

ドトールでバイトをするときも、まかないを利用することができます。

学生や、若いスタッフが多いドトールでは、こうしたまかないは大変喜ばれているようです。

ドトールは、直営店とフランチャイズチェーン店の二種類があり、店舗によってまかない制度が異なります。

中には、フルタイムでバイトに入った場合に、軽食をまかないとして出してくれる店舗もあります。

ドトールでは、だいたいの店舗で、バイトの休憩時間のみ使用可能な割引チケットという形で、まかないを利用することができるようです。

休憩時間に、コーヒーやサンドなどのドリンクやフードが、割引価格で利用できるのです。

割引価格は、店舗の規定によって異なりますが、通常は4割引きとなっているお店が多いようで、お菓子類など全商品にチケットが使えます。

他にも、1割引きの店舗や、割引をバイトの休憩時間以外のプライベートな時間でも使用できるお店、割引ではなく、休憩時間ならドリンクを1杯無料で飲めるなどのまかない制度をとっている店舗もあるようです。

こういったまかないのあるドトール店舗でのバイト募集は、かなり人気があり自ずと倍率も高くなっています。

面接時に、まかないについて確認しておくのもよいでしょう。

>>ドトールの求人情報はこちら! (バイトル)

ドトールのバイトでのマニュアル活用方法

ドトールでは、まずバイトが決まるとマニュアル本を渡されます。

ドトールのマニュアルは、ドリンク、フード、キャッシャーの3冊になり、その内容は、かなり細かく、覚えるのには一苦労です。

しかし、マニュアルに書いてあることは、現場で働く上でかなり大切なことばかりで、このマニュアルが頭に入っていないと、スムーズに働くことはできません。

マニュアルの内容は、フードやドリンクの分量、手順などの基本的なことから、提供までにかけられる時間など多義にわたります。

ドトールは、バイトがきまるとすぐに、店舗に実際に出て、現場で仕事を覚える方法をとっています。

お店では新人でも、お客様にとっては、他のドトールのバイトスタッフと変わらないのです。

少しでも仕事に慣れるためには、とにかくバイトが始まる前に、マニュアルを覚えておくことが大切なのです。

働きながらでもマニュアルをチェックできるように、制服のポケットに入れて、常に携帯しておくとよいでしょう。

また、バイトの空き時間にマニュアルを読んで、イメージトレーニングしたり、失敗したことをマニュアルで再度確認したりしてとにかく早く慣れるようにしましょう。

自宅に帰ってからも、マニュアルを読んで、予習復習しておくと、より早く一人前のドトールスタッフになれます。

>>ドトールのバイト求人をみてみる?