ドトールのバイトの面接では、他のレストランやカフェとは違い、社会人としてよりハイレベルなことを要求されます。

そのひとつが服装です。

ドトールのバイトではルックスなどではなく、清潔さや明るい雰囲気であることが、最も要求されているようです。

バイトだからといって、私服で面接に行くのではなく、できればスーツで面接に臨んだほうがよいでしょう。

スーツがなければ、白いシャツなど、社会人としてのマナーを守り、清潔な服装を心掛けるようにしましょう。

髪も清潔感を保つために短くしたり、長い人はしっかり結ぶようにしておきましょう。

また、ドトールは飲食店なので、爪も短くしておくことも重要です。

ドトールのバイトの面接は、通常は希望する勤務先の店舗で行われますが、直営店では渋谷店で面接されます。

面接に合格するために覚えておきたいことは、まず、ドトールのバイトを選んだ志望動機です。

なぜ、他のカフェでなくドトールなのか、ということまで答えられるようにしておかなければなりません。

面接には、履歴書を持参します。

ドトールのバイトに限ったことではありませんが、マナーとして、写真はまっすぐ貼る、誤字脱字のないように書き間違えたら書き直す、丁寧に書くなど気をつけましょう。

ちなみにドトールでは、正社員の場合、求める人材として、「質の高いコーヒーを通じて時代に即した安らぎと活力を与えられる人」を掲げています。

バイトでも、もちろん同じことがいえますので、参考にするとよいでしょう。

>>ドトールの求人情報はこちら! (バイトル)

ドトールでバイトをするときの髪色は?

ドトールでは、バイトなどの働くスタッフに何よりも清潔感を求めています。

特に、髪色に関しては厳しい規定があり、他のカフェに比べると、黒髪やナチュラルブラウンなどの髪色にしなければならない店舗が多いようです。

ドトールは、全国チェーンのお店なのですが、直営店とフランチャイズの二種類があり、フランチャイズチェーン店の場合は、バイトの身だしなみなどはそれぞれ店舗によって規定が異なります。

ドトール直営店では、バイトの身だしなみ規定は、かなり厳しく決められている店舗が多く、髪色に関しても同じことがいえます。

フランチャイズチェーン店では、各店舗の店長が規定を決めているので、店長によって、髪色の基準も異なり、茶髪でも大丈夫なお店もあります。

フランチャイズチェーン店でも、厳しい店長の場合は、直営店よりも厳しく髪色に関して規定を定めている店舗もあります。

中には、染髪自体禁止して黒髪しかだめなお店もあるので、面接時に、髪色に関してしっかり規定を確認したり、面接を受ける前に一度店舗を訪れて、バイトの髪をチェックしておくとよいでしょう。

ドトールは、飲食店なので、他の飲食店同様、最低限の基本的な身だしなみマナーが必要になります。

女性は、肩のラインより髪が長い場合は結んだり、前髪も、お辞儀をしたときに下に落ちてこないように、短くしたりまとめなければなりません。

パーマなどに関しても、派手な髪形はやめたほうがよいでしょう。

男性は、耳や額に髪がかからないような短髪がよいでしょう。

>>ドトールのバイト求人をみてみる?