ドトールでバイトをしていると、周囲の評判がかなりアップするという人が多いようです。

まず、ドトールは全国チェーン店で、知らない人はほとんどいないお店です。

そんなお店でバイトをしているのですから、自ずとバイトに対する評判は高くなります。

また、ドトールのバイト自体も人気で、学生はもちろん、主婦や様々な人から高い評判を得ているようです。

意外なところでは、企業からの評判も高くなっています。

ドトールでの仕事は、バイトでもかなり大変な仕事内容が多く、ドトールで働くだけで、かなりのスキルを身に着けることができるのです。

社会人としてのマナーや、プロの接客など、企業が働く人に望むスキルを、ドトールでバイトをすれば得ることができるのです。

ドトールのバイトは、マニュアルや先輩スタッフのサポート体制など、とても働きやすくなっていて、こちらの評判もかなり良いみたいです。

ドトールでバイトをすると、周囲からの評判が高くなるだけでなく、社会に出てからも高評価を得られる人材になれるようです。

>>ドトールの求人情報はこちら! (バイトル)

ドトールではバイトのシフトをどのように決めているのか

ドトールでは、バイトのシフトは、かなり融通がきくみたいです。

まず、最初に確認しておきたいのは、店舗によって、最低勤務時間というものがあるということです。

例えば、週に2回以上は出勤しなければならないなど、規定がそれぞれあるので、面接のときにしっかり確認しておきましょう。

ドトールでは、例えば学生の場合、テスト期間などは週1回しか勤務しなくても良いなど、バイトに対してかなり配慮されたシフトになっています。

ドトールでは、基本的にバイトは2週間ごとに、シフトの希望を出しています。

人数調整をしてシフトが決まるのですが、人手不足な場合などは、たとえ休み希望でも出勤になったりします。

しかし大抵は、希望のシフトが通ります。

ドトールでのバイトは、時間外業務が開店前と閉店後にあるのですが、手当がつくので、特に開店前のシフトは人気です。

しかし開店前のオープン業務では、商品の確認や陳列、キャッシャーの立ち上げなど責任の伴う仕事が多いので、しばらく働いてからでないと、シフトに入ることはできません。

また、ドトールは仕事内容が幅広く、時間帯によっては、非常に忙しいので、スムーズな動きが要求されます。

バイトに入りたての頃は、こういった忙しい時間帯は避け、暇な時間にシフトに入るようにするとよいでしょう。

ドトールのバイトは曜日、時間などを固定していないので、とても働きやすい職場なのです。

>>ドトールのバイト求人をみてみる?