ドトールのバイトに求められる仕事内容は、大変多義にわたります。

一番のメインは、やはり接客業務です。

コーヒーやラテなどのドリンク、サンドイッチなどのフードなど、豊富なメニュー全てを作れるようにならなければなりません。

また、レジではキャッシャ―を使用し、他にも食器洗いや、掃除などの力仕事もあります。

ドトールでは、バイトとしての仕事内容は幅広く、入店するとまず、最初はラウンドと食器洗いを担当することが多いです。

そして、店舗で実際に働きながら、どんどんできる仕事を増やすという体制をとっています。

仕事内容がかなり広範囲に渡るので、最初はひとつひとつを覚えることが大変ですが、1か月くらいで慣れる人が多いようです。

ドトールでは、バイトが開店業務も担当するので、開店1時間まえからオープン業務を行います。

オープン業務の仕事内容は、材料などの納品チェックや商品を棚に並べたり、機械の立ち上げ、フード類の仕込みなどがあります。

また、閉店1時間後に行うクローズ業務も、バイトが担当しています。

クローズ業務では掃除、マシンの洗浄など片付けなどが、主な仕事内容です。

ドトールでは、こういった時間外の勤務には手当がつくことが多いので、オープン業務などは人気なのですが、責任のある仕事内容ばかりなので入店してすぐに任されることはありません。

ドトールでは、長期間バイトを続けていると、かなり責任のある仕事内容も任されることになります。

バイトリーダーとして、レジ閉めや発注業務なども担当できるので、とてもやりがいがあります。

>>ドトールの求人情報はこちら! (バイトル)

ドトールのバイトはどんなことが楽しいの?

ドトールのバイトでは、慣れると楽しいと思えることがたくさんあります。

ドトールでは、雰囲気がとても良いお店が多く、一緒に働くバイト仲間同士で声をかけあったりして、楽しい職場を作っているのです。

特にドトールでは、バイトをしている人が20代を中心としていて、同年代同士で話も盛り上がることが多く、職場の人間関係を楽しいと感じる人が多いようです。

仕事内容自体は、かなりハードですが、人間関係が良ければ、大抵の仕事は頑張ることができます。

ドトールは、一緒に働いていて楽しいバイト仲間と、お互いに刺激しあいながらスキルアップを目指すことができる職場なのです。

また、異なる学校や、違う環境の人と一緒に働くことになるので、仕事以外のこともたくさん学ぶこともできるのです。

もちろん、いくら職場が楽しくても、社会人として仕事とプライベートのけじめは、きっちりつけなければなりません。

バイトは、楽しいことばかりではありません。

特にドトールでは、責任ある仕事を任されたり、マニュアルやプロの接客など覚ることも多く大変なバイトです。

慣れるまでは、楽しむ余裕もない人も多いと思いますが、慣れればスキルアップはもちろん、仕事に対しても仲間に対してもやりがいや楽しさを見いだせる、魅力的なバイトなのです。

>>ドトールのバイト求人をみてみる?