ポポラマーマのバイトでは、髪色の規定は店舗や店長の裁量によって異なります。

ある程度の茶髪は認められますが、あまり明るすぎる髪色の場合は染め直すように求められることもあります。

ポポラマーマのバイトでは、髪色よりも髪型について厳しく管理されています。

ポポラマーマではバイトの際、髪全体を覆う大き目の帽子をかぶります。

飲食業なので異物混入のないよう、髪型はきっちりとまとめて、帽子に収まるようにします。

ヘアアクセサリーなども基本的には禁止ですが、帽子の中に隠れてしまうようであればよいとしている店舗もあるようです。

勤務を希望している店舗がどの程度、髪色や髪型に厳しいかということについては実際に客として店舗に足を運んでみると様子が分かります。

あまり明るすぎる髪色の場合は、バイト面接の際にトーンを落とすことができるかどうか聞かれることもあります。

ポポラマーマでどうしてもバイトをしたいと思ったら、店舗で働くバイトスタッフと同じ程度の髪色にしてバイト面接に臨むようにすると安心です。

>>ポポラマーマの求人情報はこちら! (バイトル)

ポポラマーマのバイトで化粧はしてもいい?ネイル、ピアス、つけまは?

ポポラマーマのバイトでは、女性はナチュラルな薄い化粧をするように求められます。

濃いアイメイクやつけま、香水などは禁止です。

高校生など普段、化粧をしない場合はそのままの方が自然で美しく見えることもあります。

社会人の女性については、接客業であることも考慮し、薄い化粧をしていくようにしましょう。

ポポラマーマのバイトは、異物混入を防ぐ観点からピアスとネイルも禁止されています。

ピアスホールが開いていること自体は問題ありません。

ポポラマーマのバイトに入る時は、ピアスを外すようにしましょう。

ポポラマーマでは、バイトも帽子をかぶって耳元をすっきり出すように指導されます。

小さなピアスでも目立ちますので、忘れずに外します。

ポポラマーマは飲食業なので、ネイルは透明なものでもお客様の中には不快に思う人がいます。

ポポラマーマのバイトのある日はネイルを落としていくようにしましょう。

>>ポポラマーマのバイト求人をみてみる?