牛角のバイトは元気で体育会系の店員が多いイメージがあります。

そんな牛角をバイト先にするならコツは3つ。

元気さ、笑顔、大きな声です。

面接の時もこの3つが重要、逆にどれも不足していると採用は難しいかもしれません。

先輩たちに仕事を教えてもらうときにもやっぱり必須、特に先輩が忙しい時などはこの3つで乗り切りましょう。

すがすがしい態度の後輩には先輩たちも嫌な顔はしづらいもの、仕事の秘訣を引き出したいならぜひ実践を。

もちろん接客の時にもこの3つのコツが基本です。

高い評価を受けられて店から表彰される可能性が上昇します。

牛角のバイトは覚えることが多く体力的にも厳しいという口コミがもっぱらですが、その一方で店員の接客の様子を絶賛する声は少なくありません。

この3つのコツを日々努めて実践するバイトが多いということかもしれません。

>>牛角の求人情報はこちら! (バイトル)

牛角でバイトするなら声出しは必須

牛角で食事をしたとき時に気づくのが、店員さんたちの大きな声出し。

「はい、喜んで」なんて耳に残りますよね。

牛角でバイトを始めるなら、この声だしは必須だと覚悟してください。

ホールはもちろん、直接接客しないキッチンでもこの声出しは重要で、やらないと間違いなく怒られます。

お客さんが来店した時、注文を受けた時、七輪を設置したり交換する時、お客さんが帰る時など声出しは場面場面で違うものがあって、発信する側と受ける側によっても言葉の内容が変わります。

バイトの研修の間にみっちり覚えさせられますが、すべてをマスターするのは少し時間がかかるようです。

新人時代にはこの声出しが苦手な人も多いようですが、まずは積極的に声を出すつもりでいると慣れるのも早くなります。

この大きな声掛けが、牛角のバイト同士のチームワークにもつながっているのだとか。

>>牛角のバイト求人をみてみる?