タワーレコードのバイトの仕事内容は、レジ、注文受け付け、商品整理、商品管理、POP書きやお客様への対応があります。

これらの仕事内容は、一見楽そうに見えますが、実は意外とハードです。

入荷した商品や売れた商品を随時補充しなければならないので、体力が要ります。

商品の登録も今ではコンピューターで行われますので、細かい作業が必要です。

POPは全てが手書きで、商品に対する熱い思いをお客様にわかりやすく伝えなくてはなりません。

タワーレコードに来店されるお客様は、やはり音楽の好きな方がとても多く、バイトを含む店員にはかなり専門的な質問をしてきます。

有名な大手CDショップであるからこそ、タワーレコードに行けば何かがあるとお客さまも期待しているのです。

ですから、バイトでも自分の担当するジャンルには精通していることがタワーレコードの仕事内容の絶対条件なのです。

>>タワレコの求人情報はこちら! (バイトル)

タワーレコードのレジバイトには二通りある!

タワーレコードのバイトでまず初めに覚えなければならない仕事にレジがあり、キャッシャーと呼ばれています。

現在ではタッチパネル式のレジになりましたが、扱いはそれほど難しくはないようです。

キャッシャーは専門のバイトとフロア兼任の二通りあります。

他の販売、接客のバイトと同じように、元気な挨拶とレジ対応が大事です。

キャッシャー専門バイトは、店内にお客様が少ない時はどうしても暇になってしまい、時間を持て余しがちですが、その時にはレジカウンターでできる他の仕事をします。

タワーレコードに限らず、レジは店の顔とも言えます。

他の店員がどんなに良い接客をしたとしても、最後に通過するレジが悪ければタワーレコードに対するイメージはダウンしてしまいます。

お客様に気持ち良く買い物をして頂き、また再度来店されるかどうかの責任の一端をレジも担っているのです。

>>タワレコのバイト求人をみてみる?