もし、guのバイトと他のバイトを掛け持ちしたいのであれば、どちらの仕事を優先にするか掛け持ちをする前に考えるべきです。

もちろん、その旨、店長に伝えてきちんと相談してバイトのシフトを組んでいく必要があります。

どちらの仕事を優先するか、どちらの仕事が好きか、などダブルワークの場合は、きちんと考えた上ではじめる必要があります。

guではシフト勤務をとっていますが、シフトに入りづらい時期や時間帯はあります。

ですから、必ずしも自分の思っているように仕事に入れるわけではありません。

閑散期直前は週5日でバイトに入っていたのに、閑散期は週2日になってしまった、といった例も少なくありません。

ですから、収入を安定させるためにダブルワークを考えるのは自然なことかもしれません。

>>GUの求人情報はこちら! (バイトル)

ただ、仕事を掛け持ちすることによって、体力的にも精神的にも消耗してしまうことは確実です。

疲れがたまっていると注意力が散漫になってしまったりします。そうすると、どちらの仕事にも悪影響を与えてしまいます。

少しの時間でもいいからguでバイトをしたいというのであれば、ショートタイム勤務で週2日以上、1日2時間からという条件を満たした上でバイトをはじめるという方法もあります。

ですが、この場合は店長にしっかりとその勤務の仕方に関して伝えておくことが必要です。

また、いくらショートタイム勤務といってもお店の忙しい時期などある程度柔軟に仕事に入れるように調整するくらいの意識は必要です。

guのバイトをメインにするのであれば、他の仕事は短期の簡単なバイトを利用するなど体に負担をかけない仕事を選びたいものです。

guのバイトは接客業メインでありながらも力仕事もあるので、疲弊した状態で店舗に立つということは周囲に迷惑をかけてしまうこともあります。

体調管理をきっちりして、無理なく働ける程度に仕事をとどめるのがベストです。

とにかく、ダブルワークをする場合は、両方の職場に迷惑がかからないようにきちんとコミュニケーションをとって勤務時間の設定をするべきです。

>>GUのバイト求人をみてみる?