個別教室のトライのバイトでは、採用された教室で授業前研修が行われます。

研修内容は指導の仕方はもちろん、子供たちのコミュニケーションの取り方や保護者への報告の仕方などを学びます。

ただ、個別教室のトライは教室長によって、教室の雰囲気がかなり異なっており、授業前研修についても丁寧に行われる場合とさっとすまされてしまう場合があるようです。

研修期間についてはバイト面接の際に確認しておくと良いでしょう。

特に塾講師のバイトが初めての人の場合、授業前研修がどれくらいあるかで実際の授業への取り組み方が変わってきますので重要です。

個別教室のトライでは、1対1で授業が行われるため、実際の授業での研修というものはありません。

一度、子供の担当になったらなかなか辞めることはできませんので、はじめからプロ意識を持ってしっかりと学習を支援していきましょう。

>>個別教室のトライの求人情報はこちら! (バイトル)

個別教室のトライのバイトで不採用になったらどうしたらいい?

個別教室のトライのバイトでは条件が合わずに残念ながら不採用になってしまうこともあります。

筆記試験の点数が塾講師としては著しく悪かった場合は不採用になることもあります。

筆記試験、面接ともに内容は良かったけれども不採用という場合は、同時に応募していた他のバイト希望者のレベルが高かったということも考えられます。

塾講師のバイトですので、学歴も考慮されます。

同じレベルのバイト希望者ですと、学歴やサークル活動の有無などが合否を左右するということもあります。

塾講師としてふさわしくない服装をしていた時や派手なメイクをしている時も不採用になる傾向にあります。

個別教室のトライのバイトに落ちたとしても、他の塾講師のバイトも落ちるということではありません。

個別教室のトライのバイトの不採用の理由をよく考えてみて、次回のバイト面接の糧とするようにしましょう。

>>個別教室のトライのバイト求人をみてみる?