かつやでバイトをするためには、必ず面接を受けることになります。

かつやの場合は、バイトの面接は店舗ごとに行い採用か不採用かどうかは店長が判断します。

そのため、上手く面接を乗り切るポイントは抑えておく必要があります。

まず、服装ですが、スーツなど畏まった服装でなくても問題ありません。

あまりにもラフな格好は減点対象ですが、清潔感のある服装であればスーツなどでなくても問題ありません。

面接内容については、希望勤務時間や曜日などシフトを組む際に必要になる基本的な質問をされます。

かつやの場合短時間のバイトを募集している場合もあるため、他のバイトほど希望勤務時間を長く伝える必要はありません。

ただし、面接中はハキハキとした口調で話すように心がけることは必要になってきます。

かつやは飲食店でありますので、お客に対してハキハキとした受け答えができるかどうかは採用する側にとってはポイントの一つとなります。

声が小さいと店の雰囲気も暗くなってしまうため、自分がかつやでバイトをしていることを想像しながら、面接での受け答えはハキハキと行ったほうが良いです。

>>かつやの求人情報はこちら! (バイトル)

かつやのバイトに落ちたとしても逆転採用があるかも!

かつやでバイトがしたいということで、採用面接を受けたものの不採用となることはあります。

かつやのバイトに落ちた場合でも、他の店舗を受けなおすことができます。

かつやの場合、時間帯によってシフトに入るバイトの人数が決まっています。

そのため、人材としては良いと思えるような人が面接に来ても、他のバイトの人数が足りていると不採用とするケースもあるのです。

他のバイトの人数が原因で落ちたとなった場合、他のかつやの面接を受けると採用となる場合もあるのです。

かつやでバイトをしたいと思っている人ほど、一度落ちたからといって諦めるのではなく、複数の店舗を受けてみると良いです。

また、落ちた場合は「なぜ落ちたのか」という点を改めて振り返って改善していくことも大切です。

ハキハキ話すことができずに落ちた可能性がある場合は、他の店舗での面接時は注意してみるなどの工夫が大切なのです。

他の店舗を受けてみると、意外とすぐに採用となることも多いですので、かつやでバイトをしたいのであれば、一度落ちても諦めないことが大切なのです。

>>かつやのバイト求人をみてみる?