ヴィレッジヴァンガードでバイトをする際の髪型ですが、基本的にどのような髪型でも問題ありません。

あまりにも見た目が目立つような髪型だと注意の対象になるかもしれませんが、基本的には自由な髪型や髪色でバイトをして良いというスタイルが、ヴィレッジヴァンガードの特徴なのです。

そのため、髪色については金髪や茶髪はもちろん、ツートンカラーのバイトがいる店舗もあるほどです。

ヴィレッジヴァンガード自体が「遊べる本屋」として有名な店ですので、そこで働くバイトも遊び心のある髪型や髪色でも問題ないのです。

ただ、実際にバイトとしてヴィレッジヴァンガードで働いている時に、いろいろな髪型や髪色にしていても注意の対象となるケースは少ないです。

しかし、採用面接の段階で派手な髪型や髪色だと注意の対象となる場合があるので、採用面接の段階で派手な髪型や髪色でないのであれば、採用されてから派手にすることをオススメします。

せっかく、派手にしたのに採用面接で注意されて直さなければならないケースもあるからです。

>>ヴィレッジヴァンガードの求人情報はこちら! (バイトル)

ヴィレッジヴァンガードのバイトの服装は?

ヴィレッジヴァンガードでバイトをする際の服装は、基本的にほぼ自由です。

バイトをする際、他のバイト先では服装は制服があるなど決まりごとがいくつかあると思います。

しかし、ヴィレッジヴァンガードでは制服自体がないのです。

そのため、服装は「自由」というスタンスなので、どのような服装でも注意されることは少ないです。

もちろん、ヴィレッジヴァンガードの場合、商品が多く陳列されているので通路も狭く、ある程度動きやすい服装でないとバイトとして働けないため、「バイトとして働ける服装」が条件となります。

また、店舗の店長によっては女性はスカートは禁止、男性は短パンは禁止など細かな規定がある店舗もあるため、確認が必要です。

また、唯一の決まりとして男女ともにバイト中はサンダルは禁止でスニーカーを履くように指導されます。

狭い通路などを通るため、動きやすさを重視しているのです。

逆に言えば、それ以外の服装はほぼ自由ですので、ピアスなどをしていても問題ありません。

他の職場に比べてヴィレッジヴァンガードの自由度は高いのです。

>>ヴィレッジヴァンガードのバイト求人をみてみる?