タワーレコードのバイトの面接は、他の接客、販売業の面接と大きな違いはありません。

服装に関しては多少ラフな私服でも構わないようですが、やはり清潔感は大事です。

面接は原則タワーレコードの実店舗内で行われますが、首都圏では本社で合同面接が行われます。

かなり厳しい面接になるところとそうでないところの差が店舗によって激しいようです。

タワーレコードのバイトは、音楽が好きでないと務まらないのはもちろんですが、最近では接客、販売経験も重視されます。

音楽に対する知識や情熱の他に明るい笑顔としっかりした受け答えがタワーレコードのバイト面接には必要なのです。

また、日本にはたくさんのCDショップがありますが、なぜタワーレコードを選んだのか、きちんと伝えることも大事なポイントです。

>>タワレコの求人情報はこちら! (バイトル)

タワーレコードでバイトする大学生にはどんなメリットがある?

自分でバンドを組んでいたりなど、音楽が好きな大学生にとって、タワーレコードのバイトは憧れのバイトです。

高校生は不可のところがほとんどですので、大学生になったら絶対にタワーレコードでバイトしたいという人も多くいます。

大学生を雇ってくれるCDショップは色々ありますが、タワーレコードは特にブランドイメージが良く、働いているだけで何となく格好良く見えてしまいます

音楽好きなバイトが多いので、友達もたくさんできるのではないでしょうか。

しかし、憧れだけではタワーレコードのバイトは務まりません。

シフトは自由に決められないところが多く、時給も他業種より安いです。

最初はキャッシャー(レジ)のみのバイトで、あまりやりがいが感じられず、理想と現実のギャップに苦しむこともあります。

でも、やはり音楽好きにはお金に換えられない価値があり、学生時代の思い出のバイトの一つになることでしょう。

>>タワレコのバイト求人をみてみる?