ヴィレッジヴァンガードでバイトをする際、8時間などのまとまったシフトを提出して欲しいと店長などから言われるケースがあります。

そのため、時間に余裕のある大学生などにはオススメのバイト先と言えます。

他のバイト先では、長時間のシフトをなかなか入れてもらえないケースもあり、思っていた以上に給料を稼ぐことができないことがあります。

しかし、ヴィレッジヴァンガードではまとまった時間でシフトを入れられるので、長時間バイトをしたい大学生にはオススメなのです。

また、ヴィレッジヴァンガードには髪型や髪色、服装などに対して厳しい決まりがないため、自由に働けるという点も大学生にとってはオススメな点です。

大学生になると髪型や髪色などおしゃれをしたいと思うことが増えてきます。

そうした際に、他のバイト先ではバイトの際に髪の毛を染め直したりしなければならないなどの手間がかかりますが、ヴィレッジヴァンガードではそうした手間は必要ないのです。

ただ、ヴィレッジヴァンガードでは、店舗によって中卒の人や高校生は採用しないといった制限を設けている店舗もあるため、事前に確認しておくと良いです。

>>ヴィレッジヴァンガードの求人情報はこちら! (バイトル)

主婦でもヴィレッジヴァンガードのバイトはできる

ヴィレッジヴァンガードのバイトは、基本的に長時間労働になりやすいため、主婦からすると働きにくいと感じるケースがあります。

ヴィレッジヴァンガードのバイトは、店舗によってシフトの提出の仕方や労働時間への考え方が異なりますが、基本的に8時間労働を行ってくれるバイトを採用するケースが多いです。

もちろん、都合等でバイトに入れない場合は、シフト提出時に申告すれば、休みを取ることも可能です。

しかし、主婦層が希望する10時~17時くらいといった子どもが幼稚園や保育園に行っている時間帯の中から4時間程度のシフト希望はあまり採用しない傾向にあります。

ヴィレッジヴァンガード側としては、一人のバイトに長時間働いてもらったほうがシフトを組みやすいですし、細かな引き継ぎ等が少なくて済むなどの理由があります。

主婦で空き時間にバイトをしてみようと考えている人は、短時間でも働くことのできるかどうか相談してみると良いです。

「どうしてもヴィレッジヴァンガードで働きたいという思い」や「主婦の目線で商品の並べ方などの提案もできる利点」を面接の際に伝えてみると、短時間でも採用となる可能性はあります。

>>ヴィレッジヴァンガードのバイト求人をみてみる?