ヴィレッジヴァンガードでバイトとして働くためには、まず採用面接に受かる必要があります。

ヴィレッジヴァンガードの面接内容は、他のバイト先と大きくは変わりません。

基本的には希望するシフトや志望動機などを中心に聞かれます。

その際、どれだけヴィレッジヴァンガードで働きたいのかというアピールができるかが採用されるためのポイントになってきます。

ヴィレッジヴァンガードで働いているバイトの中には、「バイト未経験であったが、一番やる気を感じたから採用した」と採用後に社員から言われたという人がいるほどです。

また、ヴィレッジヴァンガードの採用面接で気をつけたい点は、服装です。

ヴィレッジヴァンガード自体は、自由度が高く服装や髪型も自由と知られていますが、面接の段階ではあまり派手すぎない方が良いです。

スーツなどを着る必用はありませんが、あまりに派手すぎると敬遠されてしまう可能性があります。

また、言葉使いなども面接官が不快にならない程度に気をつけて話す必要があります。

ヴィレッジヴァンガードのバイト面接の際は、控えめな服装でやる気をアピールすることが大切なのです。

>>ヴィレッジヴァンガードの求人情報はこちら! (バイトル)

ヴィレッジヴァンガードでバイトをする時は志望動機が大切

ヴィレッジヴァンガードでバイトをするためには、採用面接の際に志望動機をしっかりと伝える必要があります。

「なぜヴィレッジヴァンガードで働きたいのか」という志望動機をしっかりと伝えることで、採用される可能性は上がるのです。

特に「遊べる本屋としてよく利用していて興味があったから」「色々なファッションのバイトの方がいて、どの方も楽しそうにバイトをしていたため」などヴィレッジヴァンガードでバイトをしたいという思いを具体的に伝えることが大切です。

「家が近いから」「どのようなバイトなのか気になったから」などの抽象的な表現の志望動機では、面接官の印象に残らない可能性も出てきてしまいます。

ヴィレッジヴァンガードでは、希望シフトが短いバイト希望の人でも、志望動機がしっかりとしていて採用されたケースもあります。

ヴィレッジヴァンガードでバイトをしたいのであれば、具体的にしっかりと志望動機を考えておくことがヴィレッジヴァンガードでバイトをすることに繋がるのです。

>>ヴィレッジヴァンガードのバイト求人をみてみる?