最近は制服でバイトを選ぶという方もいるかもしれませんが、デイリーヤマザキのバイトの制服は、数種類あるようです。

自分が着たいと思う制服がある方は、バイトをしたいと思っているデイリーヤマザキでは、どんな服装を採用しているのか下見をすると良いでしょう。

どのような服装があるかというと、グレーで襟の部分が赤いシャツを着用する店舗、グレーと白のチェックの上着を着る店舗があります。

それから、店舗にてパン製造を行っているデイリーヤマザキの場合は、白いワイシャツにエプロンを着用するようです。

また、パン製造や手作り弁当を扱っている店舗では、髪の毛の混入を防ぐために、必ず赤い帽子を着用するようです。

デイリーヤマザキのバイトは上衣と帽子のみ貸与されるため、それ以外の服装は自分で用意する必要があります。

デイリーヤマザキは、服装に関してそれほど厳しくないようなので、靴なども色の指定が特にあるわけではなく、スニーカーで良いようです。

上衣の下に着用するものに関しても、特に決まりがあるというわけではないようです。

しかし、店舗により決まりがある場合もあるので、採用が決まった際にはどのようなものを用意する必要があるか、確認することが大切です。

>>デイリーヤマザキの求人情報はこちら! (バイトル)

デイリーヤマザキのバイト研修はどのように進められるの?

デイリーヤマザキのバイト研修が行われる場所は、実店舗です。

ただし、オープニングスタッフの場合は例外的に他店舗にて行われることもあるようです。

店舗により研修期間は異なっているようですが、1ヶ月から2ヶ月ほどの期間を設けている店舗が多いようです。

デイリーヤマザキのバイト研修中の時給は、通常時給よりも若干低い店舗が多いようです。

求人広告に記載されていることが多いですが、記載のない場合は尋ねてみると良いでしょう。

デイリーヤマザキは、特にハンドブック形式のマニュアルを配布されるということはなく、口頭にて先輩のバイトより教えてもらうことが多いようです。

一度聞いただけで、覚えられるものではありません。

筆記用具をポケットに忍ばせ、いつでも新しく学んだことを書き込める準備をしておくことが大切です。

デイリーヤマザキのバイトの研修内容は、レジ打ちや品出し、検品や清掃などがあります。

また、宅配便や公共料金の支払い、揚げ物なども扱っていますが、研修期間中に覚えれば大丈夫です。

慣れるまでは大変ですが、それほど難しいことを求められているわけではないので、心配いりません。

バイト当初は表情が硬くなりがちですが、研修中だからこそ明るく元気に対応することを心がけましょう。

>>デイリーヤマザキのバイト求人をみてみる?