口コミをみると、デイリーヤマザキのバイトは大手と言われるコンビニでのバイトに比べ、規則がそれほど厳しくないと感じる部分が多いようです。

更に、デイリーヤマザキは、直営店とフランチャイズ店があり、一般的にフランチャイズ点の方がルールが緩めであるという意見や感想があります。

また、デイリーヤマザキでバイトをすると、廃棄のお弁当をもらうことができるという口コミを見ることがあります。

しかし、基本的には廃棄処分が必要なものは廃棄しなければならないという規則があるため、持ち帰ることは禁止されているようです。

ただし、こちらルールに関しても、店舗毎により扱いが異なっているようです。

もらえるのが当たり前と思うのではなく、もらえたらラッキー程度に捉えてバイトをした方が良いでしょう。

デイリーヤマザキでは新商品の試食を行うことが出来るという口コミもあります。

デイリーヤマザキは、2週間に1度というかなり早いペースで新しい商品が出るようです。

新商品をいち口にすることが出来ることは、新しいものが大好きという方にとってはたまらないバイトであると言えるでしょう。

ノルマも他のコンビニに比べて少なく、気持ち的にも楽だという口コミもあります。

>>デイリーヤマザキの求人情報はこちら! (バイトル)

デイリーヤマザキのバイトのシフトは固定制?自己申告制?

デイリーヤマザキのバイトは店舗により異なりますが、多くの店舗では自己申告制でシフトを作成しているようです。

主婦の方でPTAの役員などをしている場合、なかなか予定を立てにくいという方もいらっしゃいます。

デイリーヤマザキは自己申告制なので、シフトに融通が利きやすいというメリットがあるため、仕事との両立も可能であると言えます。

とは言っても、闇雲に好きな曜日や時間帯に勤務が出来るということではありません。

面接の際に申告した希望曜日や時間帯がバイト採用の決め手の一つとなっており、その曜日や時間帯にバイトに入ることが多くなるでしょう。

デイリーヤマザキの店舗により異なりますが、2週間、または1か月に一度シフトを作成するようです。

シフトの作成方法が気になる方は、、面接の際に確認しておくと良いでしょう。

急に仕事を休まなければならない時は、自分で代わりの人を探さなければいけないというバイトが多いものです。

しかし、デイリーヤマザキでは、代理のバイトを探してもらえることが多いようです。

そのため、時には「シフトに入ってもらえないか」と突然電話連絡をもらうこともあるかもしれません。

助け合いが大切なので、都合がつく場合は快く引き受けましょう。

>>デイリーヤマザキのバイト求人をみてみる?