店の雰囲気を決める第一印象は、店員の雰囲気です。

店員の身だしなみが、店の印象を決めるのです。

そのため、マルハンではバイトの身だしなみについては、とても厳しくチェックがされます。

朝礼では、身だしなみのチェックがあり、問題があれば勤務させてもらえないこともあります。

マルハンのバイトの身だしなみについての規定は、厳しいといわれています。

服は制服ですが、頭髪については具体的に規定があります。

まず、髪色については社内規定の色を越えなければ茶髪で勤務できます。

許容範囲を超えている茶髪は、染め直しを要求されるため、面接時に自分の髪色について確認しておくと安心です。

また、髪型については、男女で異なります。

男性は、耳にかからない短い髪型です。

女性は、前髪は目にかからない程度とし、肩よりも長い髪は黒か茶色のゴムで一つに結びます。

ホールの仕事はパチンコ玉が入ったドル箱を運んだり、清掃をしたりと動きがあります。

長い髪は、仕事の邪魔にもなるため、一つに結ぶほうが仕事もやりやすいでしょう。

頭髪が不衛生であると、お客様だけでなくバイト仲間にも不快感を与えます。

マルハンが、バイトにも身だしなみに厳しい規則を与えているのは、皆が気持ちよく働くためでもあるのではないでしょうか。

みんなが気持ちよく働けるために、清潔感が感じられる頭髪でバイトをしていきたいものです。

>>マルハンの求人情報はこちら! (バイトル)

マルハンのバイトを辞めたいときはどうしたらいいのか。

マルハンに限らず、バイトは実際に業務にあたってみるとわかることがあります。

マルハンのバイトでは、パチンコ玉が入った重量あるドル箱を持つ仕事があります。

なれない体力勝負の仕事で、体をこわしてしまうかもしれません。

また、パチンコ店の店内は、どうしてもたばこの煙があります。

採用前は、気にもしていなかったけれど、たばこの煙が合わない体質でバイトを続けることができなくなるかもしれません。

そのようなときは、体が第一なので、やむを得ない理由でバイトを辞めることになります。

やむを得ない理由でバイトを辞める場合は、迷惑をかけない辞め方をしなければなりません。

まず、バイト仲間のシフトに影響がでないように1か月前、最悪でも2週間前には店舗責任者に、辞めたい旨を話しましょう。

しかし、辞める理由がやむを得ない理由ではない場合は、もう一度考え直す余地があるかもしれません。

新しいバイトや環境は、なれるまでは体力的にも精神的にもつらいものです。

とくに、マルハンのバイトは接客業のため、身だしなみや接客態度には厳しく指導されます。

そのため、バイトで採用されてもすぐに辞めたいと言い出す人も、確かにいます。

しかし、マルハンのバイトで得た身だしなみの大切さや、接客における心構えは、社会人になったときにも役立つことです。

バイトを辞めたいと思ったら、まず周りの人に相談してみることもいい方法かもしれません。

それでも、どうしても辞めると決めた場合は、やはり辞め方がとても大切です。

気持ちよく新しい一歩を踏み出すためにも、お互いが気持ちよく終われるように、余裕をもって辞める旨を伝えるようにしましょう。

>>マルハンのバイト求人をみてみる?