マルハンでのバイト内容は、男女でわかれています。

男性は、主にホール業務です。

ホールとは、パチンコ台が設置されていて、お客様が大勢座っています。

そのため、パチンコ台のトラブル解決やパチンコ玉を入れるドル箱と呼ばれる箱の上げ下げ、清掃が主な業務となります。

ドル箱は、パチンコ玉が入るとかなりの重量になるため、持ちあげるときや運ぶ時は腰を痛めないように注意が必要です。

また、ホールを歩き回る仕事が多いため、体力的に厳しい仕事内容となっています。

一方、女性はカウンター業務が中心です。

カウンターでは、お客様から出た玉やメダルの数が書かれたレシートを受け取り、景品と交換することが主な業務となります。

男女、どちらのバイトにも共通していえることは、身だしなみに注意が必要ということです。

マルハンのバイトでは、男女ともに身だしなみは厳しくチェックされ、シャツにしわがあった場合は仕事をさせてもらえないこともあります。

マルハンは、接客態度や身だしなみにとても厳しいですが、一方で研修もきちんとあります。

最初に、正しいあいさつの仕方かた教えてもらうことができるため、安心です。

仕事内容で遅くなることをあげれば、パチンコ台の新台入れ替え時だけは、遅番の人は残業で遅くなることもあります。

しかし現代は、パチンコの機械も進化し、出玉がカードに記録されたりとバイトが覚えなくてはならない仕事は少なくなってきています。

>>マルハンの求人情報はこちら! (バイトル)

マルハンのバイトでは、どのような化粧をすればよいのか。

マルハンのバイトでは、濃い化粧もノーメイクも禁止されています。

濃い化粧には、つけまつげやカラーコンタクトも含まれます。

マルハンのバイトは接客が主な仕事です。

そのため、お客様に不快な印象を与えるものは禁止となっています。

ノーメイクが禁止されているのも、メイクをなにもしていない状態で、お客様と接することは失礼という考えからです。

パチンコ業界というと、派手なイメージがありますが、マルハンでは制服もあり、きちんとした印象を重視しています。

とくに身だしなみは、店の印象を左右する大切なものです。

マルハンでは、化粧を含めた身だしなみについては、厳しくチェックされます。

では、具体的にはどのような化粧をすればいいのかについてお話しします。

まず、ナチュラルメイクであることです。

肌の状態が悪いと、ついついファンデーションを厚く塗り、厚化粧になりがちです。

日々の自己管理を徹底し、薄化粧でも十分対応できることが理想です。

しかし、どうしても薄いファンデーションでは隠し切れない場合はファンデーションの厚塗りをするのではなく、コンシーラーでポイントメイクすることもよい方法です。

お客様にとって、感じよくみられるためにはどうしたらいいのかを考えることで、印象のいいメイクができるはずです。

>>マルハンのバイト求人をみてみる?