マルハンは、パチンコ業界の中でも「きちんとした印象」が特徴です。

その印象をつくっている大きな要因が、店員が着用している制服です。

男性は、ワイシャツにズボン、ベストとブレザーを着用します。

女性は、ブラウスにスカート、ベストとブレザーを着用します。

女性に関しては、スカートのほかにズボンもあり、スカーフなどの小物もあります。

店舗によって、多少の違いはあるため、面接時に確認しておくと安心です。

とくに靴については制服のように貸与はされませんが、お客様からの目線が近いため清潔なものが求められます。

マルハンでは、朝礼で服装チェックがあります。

身だしなみは、お客様の目に直接ふれ、店の印象にも影響を与えるからです。

そのため、この朝礼での服装チェックは厳しいものがあります。

具体的には、汚れていないか、制服にしわがないかです。

しわは、とくに目立つため自宅でアイロンをしてくるなどの気配りが必要です。

ひどい場合は、お客様を不快にする可能性がるため、店に出してもらえないこともあります。

接客業は、バイトであっても社員であっても関係なくお客様と接することになります。

自分に貸与された制服は、大切に管理しながら節度を持って仕事にあたることが大切です。

>>マルハンの求人情報はこちら! (バイトル)

マルハンのバイトの不採用理由と、その後について。

マルハンに限らず、バイトの面接で不採用になったときは少なからずショックを受けるものです。

合否と考えるから、ショックを受けることになるのです。

バイトの面接は、入学試験の合否と同じように考えてはいけません。

入学試験の合否は、点数が足りなかったから落ちてしまったのです。

しかし、マルハンのバイト面接は点数の合否ではなく、ニーズが合わなかっただけなのです。

こちらが求める勤務時間や時給が、マルハンの求めるものとかみ合わなかっただけなのです。

あなたが面接時に頑張った印象が、マルハンの担当者には、うまく伝わらなかっただけなのかもしれません。

面接担当者は、複数人と面接することになります。

そうすると、どうしてもあなたと他のバイト面接者の勤務条件を比べて、マルハンにとって使いやすい人のほうをバイトとして採用します。

いくらマルハンでバイト採用してほしいからといって、自分の要求を言わずに採用されても、のちのちひずみが生まれ、長くバイトを続けることは難しくなってしまいます。

だから、自分の勤務条件を正直に伝え、精一杯面接に臨んだ結果が不合格であったのならば、落ち込む必要はありませんし、無意味なことなのです。

希望していたバイト先に採用されなかったことは残念ですが、ニーズが一致するバイト先は必ずあるものです。

>>マルハンのバイト求人をみてみる?