栄光ゼミナールのバイトの時給は地域によって違いがあるのはもちろんのこと、指導する学年や教科によっても給料が異なります。

栄光ゼミナールでは、個別指導と集団指導の両方を行っているため、指導方式による時給の違いもあります。

栄光ゼミナールのバイトのうち、塾講師ではなく事務スタッフの場合は一般的な時給制と同じと考えてよいでしょう。

塾講師としての給料としては、10名以上の集団指導では1授業(60分の2コマ)の場合、4940円以上となります。

1対1の個別指導では1コマ80分の授業で1730円以上となっています。

栄光ゼミナールのバイトでは、実際の授業の前後にも準備や保護者への連絡、プリントの用意などやることがたくさんあります。

こうした授業前後の付帯業務については、付加給ということで320円~370円の手当てが月収につくこともあります。

付加給という給料については、地域や指導対象によっても異なるため、絶対にもらえるというわけではないようです。

給料日は、毎月25日締めの翌月15日支払いとなっています。

栄光ゼミナールでは交通費は上限ありで支給されることになっています。

校舎によっては全額支給してくれるところもあるようですので、面接の際に確認しておくと安心です。

>>栄光ゼミナールの求人情報はこちら! (バイトル)

栄光ゼミナールのバイト研修ってどんなもの?研修内容と研修期間、教えます。

栄光ゼミナールのバイトは研修制度がしっかりしているので、塾講師がはじめての人でも安心して働くことができます。

栄光ゼミナールでは実際に勤務が始まる前に初期集合研修が行われます。

研修内容としては、コミュニケーションの取り方、基本業務の知識、指導スキルなどについての実践的な内容となっています。

初期集合研修は1回3時間程度の研修を3回行います。

この研修で、栄光ゼミナールでの子供たちに授業を受け入れてもらうために必要なコミュニケーションスキルを身に着けることができると言われています。

初期集合研修と並行して、初期現場研修が行われます。

栄光ゼミナールで実際に行われている先輩講師の授業を見学したり、模擬授業を行ったりします。

栄光ゼミナールのバイトの初期現場研修の研修期間は、1日2~3時間ほどを3日間行います。

一人での授業が始まってしまうとなかなか授業中には先輩バイトの人に確認をとることなどが難しくなってしまうため、授業を行う上で分からないことなどはできるだけ研修期間中に確認するようにしましょう。

>>栄光ゼミナールのバイト求人をみてみる?