栄光ゼミナールは研修がしっかりしているので、塾講師のバイトがはじめてでも安心して授業を行うことができるという評判があります。

初期集合研修、初期現場研修などを通して子供たちとのコミュニケーションの取り方、授業の行い方などが実践的な形式で分かるようになります。

栄光ゼミナールのバイトでは学習指導以外の点においても、様々な経験をすることができるという評判もあります。

塾講師の仕事は子供とのコミュニケーションはもちろん、保護者との円滑なコミュニケーションも必要になります。

子供とのコミュニケーションはスムーズにいくのに、子供を大切に思う親とのコミュニケーションは非常に難しいという気付きを得ることもできます。

栄光ゼミナールのバイトを経験すると、教師という職のやりがいや面白さ、難しさなどをリアルに体感することができるという評判もあります。

教職を目指す人ならば、栄光ゼミナールのバイトは必ず人生の糧になることは間違いありません。

>>栄光ゼミナールの求人情報はこちら! (バイトル)

栄光ゼミナールのバイトの試験の難易度ってどれくらい?倍率って高いの?

栄光ゼミナールのバイトの採用試験の難易度は在籍大学によって異なってきます。

ですが、東京大学や早稲田、慶応などの偏差値が高い大学に在籍しているから合格するというわけではありません。

基礎学力はもちろん重要ですが、そのほかに子供たちに教えたいという熱意やコミュニケーション能力の高さなどもバイト採用には重要になってきます。

都心部の栄光ゼミナールほど倍率は高くなり、需要のある教科ほど難易度も高くなります。

栄光ゼミナールのバイトの筆記試験では、高校生を指導するnavio(ナビオ)とそれ以外では難易度が異なります。

どちらのテストでも大学生以上の人ならば対応できる問題が出題されます。

幅広い出題範囲の中から解答していくことで、どのレベルのクラスまで教えることができるかということをチェックされます。

採用試験では、筆記試験だけではなく面接や適性診断も行われます。

筆記試験の難易度だけにとらわれず、子供たちに教えたいという熱い思いを訴えることも大切だということを念頭に置いて、試験に臨むと良いでしょう。

>>栄光ゼミナールのバイト求人をみてみる?