abcマートのバイトの評判がいいところは、abcマートでのバイト経験が「社会人になってからでも役に立つ」ことです。

abcマートは靴を扱う店です。

バイトの業務も靴の販売になります。

販売といっても、abcマートでは、単に「売る」だけではなく、お客様のニーズに合う靴を選び、おすすめします。

バイトでありながらも、お客様に自分のセンスで選んだものを積極的にアピールしていくことを求められます。

そのためabsマートで販売職のバイト経験がある人は、社会人になった段階で、初めて営業という職に就いたとしても、時と場合によって販売戦力を考えることができる能力がすでに身に付いているのです。

商品の知識を身につけることで、カジュアルからエレガントな靴まで扱えるようになり、知識を利用して服装を含めたトータルコーディネートのセンスをも磨くことができます。

また、自然と靴に興味を持つようになり、バイト勤務の外でもファッション意識を高くもつようになります。

それにより、どんな立場のお客様の靴でも、お客さまに合った靴を選びだす能力とともに、自分自身をも魅力的にコーディネートしようという意識をもつことができるようになります。

バイトを経験することにより、「働く」ことの責任と意義を実感することもできるのです。

abcマートでのバイトで経験したすべてのことが、社会人になったときに役に立つのではないでしょうか。

>>ABCマートの求人情報はこちら! (バイトル)

abcマートのバイトと社員の仕事内容は何が違うのか。

abcマートは社員とバイトとで構成されています。

責任が重いレジ打ちは、社員不在時やバイトの人手不足を例外として、主に社員が担当します。

バイトの業務には二種類あります。

まずは、abcマートの表舞台である販売業務です。

販売業務は、店内にでて接客をし、販売を行います。

abcマートは靴を扱う店です。

靴は、同じ型でもサイズが違うと履き心地も違うし、色が違えば印象が違います。

お客様と直接接しながら、どんな商品をお客様がほしがっているのかを追及して売り上げていきます。

二種類目の業務は、いうなれば裏方業務である、在庫管理です。

在庫管理は、お客様と直接接することはありません。

しかし、店で商品がうまく流通するように、入荷処理や店内在庫の補充、在庫詰めなどの仕事をする、店にとって大切な業務です。

二つの業務は内容が、対照的な業務です。

実際にバイトとして働いてみて、自分には販売業務が合うのか、それとも在庫管理が合うのかを実際に体験してから、業務を異動することもバイトにはできるのです。

しかし、abcマートは社員とバイトで構成されている店です。

社員とバイトがそれぞれの業務を助け合いながら、店を作り上げていく意識が大切なのです。

>>ABCマートのバイト求人をみてみる?